ネット界の“旬”なニュースをお届け!

人生で重要な3人を考えさせるアプリ

2012.01.16 MON

噂のネット事件簿


紹介動画では、イラストとともにアプリの意義が淡々と語られる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
あらかじめメッセージをFacebookに投稿しておき、自分が死んだ後に友人や家族にメッセージを送信するアプリ「if i die」が登場した。このアプリは、自分の家族や友人など3人が自分の死を認証することにより“自分が死んだこと”を確認し、生前に登録しておいたメッセージを死後に投稿してくれるというもの。

この類のサービスは、過去にも死後に特定の人に遺言メールを送ることができる「最後のE-mail」や、「mylastemail.com」「走れメロス」などが存在したため、特段珍しいものではない。しかし、Facebookと連動しており、自分の死を誰かに認証してもらうという点は、自分の人間関係を改めて考えさせられそうだ。

if i dieに対し、ネット上では

「自分の死後にブログやSNSがどうなるのかな、ということは時折考えますが。。。」

と発言する人がいるほか、

「認証してもらう3人を誰にするか、悩んでしまう」
「認証してもらう人を選ぶのが大変。これに気を回してくれるような3人を探すのが」
「自分が死んだ時に、気づき行動を起こしてくれる人を3人選ばなくてはならない。まずはそのような友人関係を作らなければこのサービスの意味が無いわけだ」

など、恐らく人生においてかなり重要な「3人」をいかにして見つけるのかに悩む人もみられた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト