ネット界の“旬”なニュースをお届け!

兵庫県知事「大炎上キャラ」扱い?

2012.01.26 THU

噂のネット事件簿


なんだかんだで話題になっていることは間違いないが… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
NHKの大河ドラマ『平清盛』に対し、兵庫県の井戸知事が不快感を表していることが話題となっている。

これは、そもそも8日に初回放送された『平清盛』に対し、知事が「画面が汚い」「鮮やかさがない」などとクレームをつけたことに端を発したもの。さらに、第2回放送後の16日、再度「明るい画質を検討してもらったらと思う」とコメントした。この一連の発言に対し、NHK側は18日の会見で、「当時の空気感」とし、変更の予定はないことを明言した。

しかし、それでも収まらない知事は第3回放送後の23日の会見で、改めて同番組に言及。「今変えたら(NHKの)全面敗北になる。世論の動きで見直さざるを得ないこともあるだろうから、期待している」と発言し、さらに、「瀬戸内海に船が浮かぶ場面で真っ青な海の色が出ていない」と、批判を繰り返した。しかし、今度はその発言に対して、同じ瀬戸内海に面する広島県の湯崎英彦知事が24日の会見で「瀬戸内の海は翡翠(ひすい)色」と“反論”。スポニチサイトでは“平成の源平合戦”などと揶揄(やゆ)される始末である。

井戸知事は、過去に「関東で震災が起きれば東京は相当なダメージを受ける。これはチャンスですね」などと発言し、ネットでも物議をかもしたことがある人物。阪神・淡路大震災を経験した兵庫県の知事として、首都圏での災害に備えた関西での態勢の整備が必要だという考えを示したものだと説明していたが、ネットでは「不適切」などと批判の嵐が起こった。

今回の珍騒動に、ネットはすっかり呆れモード。

「何様なの?この人?」
「しっつこいなー」
「ギャーギャー騒いでるのは自分だけだと言う認識がないんだなw」

などと、冷やかな意見が寄せられている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト