ネット界の“旬”なニュースをお届け!

GACKT ネットでのぞかせる素顔が人気

2012.01.30 MON

噂のネット事件簿


Twitterのプロフィールでは「武士道に生きる」とするGACKT ※この画像はサイトのスクリーンショットです
シンガー・ソングライターのGACKT(38歳)が、ネット上でみせる“素顔”が人気である。

GACKTは公式ツイッターも公式ブログも開設しており、ブログでは音楽に対する熱い思いをつづることがあるかと思えば、オフショットを多数掲載することもある。たとえば今月9日には「東京に来て新幹線以外の電車に乗ったのは片手で数えられるほどもない」という告白と、駅を見つめるショットを公開。18日にはテレビドラマで演じたスキンヘッドの役の写真を披露しているが、その度にブログ記事へのコメントはもとより、ブログの内容を報じるネットニュースに対しても「がっくん可愛い~」「GACKT様なら坊主も許せます」「GACKT様流石すぎる」などというコメントが多数つくなど、大人気なのだ。

また、ツイッターでは、ユーザーの質問へ回答する姿がよく見受けられる。「武道って何でしょうか?」という質問には「大切な人を護っていくために必要な考え方と、その生き方だ」、「人生ってなんですか?」という質問には「『その答えを探す旅』だ」、「Gacktさんって不老不死っぽいですよね!」という質問には「しっかり歳は取ってるぞ。っていうか、歳を重ねてる。歳を取るってのはそんなに悪いモンじゃない。毎年毎年、自分がどういう生きたかさえ、振り返ってしっかり認識して納得さえ出来れば、こうやって歳を重ねていくことが素敵に思える。そんなもんだ」(原文ママ)といった具合に、自身の考えを語っている。

「やっぱり女性も毛がなぃ方がいいですか?ツルツルが好き??」という質問に対しても「当たり前だ。(中略)扱いは腋毛と一緒だ。下の毛を伸ばすなら、脇毛も伸ばしな。それなら、納得できる。信念があるんだなと」と、潔く持論を展開。大事なのはポリシーを持つことだと語るGACKTは、2ちゃんねるでも「Gacktさんかっこよすぎwwwwwww」「Gacktだけはなんか違う気がする」と好感度大。

生き方に対し真摯な姿勢をみせる一方で、「がっくんは何カ国語はなせるの?」という質問には「4,5個かな・・・・。でも、日本語はチョトチョトデス・・・・」(原文ママ)と答えるなど、お茶目な一面をのぞかせるのも、人気の理由のひとつかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト