ネット界の“旬”なニュースをお届け!

『けいおん!』ファンの投票の行方は?

2012.02.03 FRI

噂のネット事件簿


俳優部門については、対象は実在の人物に限らず、動物・ロボット・アニメキャラクターなど何でも構わないという。2月2日9時現在1位はAKB48の前田敦子 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
16日、第35回日本アカデミー賞の優秀賞各賞が発表されたが、優秀アニメーション作品賞に『コクリコ坂から』『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』『豆富小僧』『映画 けいおん!』の5作品が選ばれたことについて、ネットでは議論が巻き起こっている。

特に『けいおん!』については、一部熱狂的なファンがいることは知られるものの、「日本を代表するとかないからw」と戸惑う人が多数。「なんか俺らキモヲタの手から羽ばたいてしまって嬉しいような切ないような」という声もあり、「一部のファンが共有する作品」が「メジャー」になって寂しい…というような、複雑なファン心理のようなのだ。

一方で、現在第35回日本アカデミー賞の「オールナイトニッポン話題賞」への投票が受付中。こちらは一般人が参加できる唯一の日本アカデミー賞で、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」で、リスナーの投票によりその年の映画界で最も話題を集めた作品と俳優(女優)を投票して選ぶというもの。

2月2日9時現在、作品部門の1位は『モテキ』。2位は『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』、3位『映画 怪物くん』、4位『SP 革命篇』と続き、5位には『映画 けいおん!』がランクインしている。

ここでは「ほら、みんな迷わず『映画 けいおん!』に投票を!!」「けいおんに投票したったww」と『けいおん!』を推す人の声が多数あがり、“選ばれるのは違和感があるけどファン自らが選ぶのは良し”との意見もあるようだ。

なお、投票は2月12日まで。ネットを得意とする『けいおん!』ファンがどう動くか、これから見物である。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト