ネット界の“旬”なニュースをお届け!

橋下市長の統一テスト構想で議論

2012.02.06 MON

噂のネット事件簿


ツイッターでも自らの主張を発信する橋下市長。教育改革についても頻繁に言及している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
橋下徹大阪市長が必要性を主張している「統一テスト」について、ネット住民のあいだで議論が巻き起こっている。

MSN産経ニュースによると橋下市長は1月31日、大阪府市統合本部会議で府立高校の通学区を撤廃する方針を固めたことを受けて、「府内全域の中学生が参加する統一テストが必要になる」との考えを持っていると明らかにしたという。これは通学区を撤廃すると、各学校の評判等によって「成績の良い子が集まる高校」と「成績の悪い子が集まる高校」という序列化が進むことを想定しての提言。どのレベルの高校に進学できそうかを中学生一人ひとりが判断するためには、統一テストによって自らの「学力レベル」を認識する必要がある、というわけだ。

さらに橋下市長は「今までは序列化や点数化はだめといっていたがそんな建前はやめましょう」と述べたとのこと。つまり、橋下市長は学力による順位付けが必要だと主張しているわけだが、この意見についてネット住民たちは様々な意見を寄せている。以下は、2ちゃんねるの関連スレッドに投稿された意見だ。

「すげーあたりまえだ。
というか今まで(統一テストを)やってなかったのか?」
「これはやめた方がいい
統一模試・偏差値が有効なのは高度成長期よ
むしろ今の日本に必要なのはイノベーションなんだからかえってそっち方面の脳を殺してしまう」
「実力を知るのは差別ではない。
自分の実力を知るのが怖いのか?」
「でもなあ、競争していい大学行って就職してもリストラされたら終わりだからなw
経済がよくないと競争煽るのは難しいわw」
「高校の序列化を推進することになるだけだ。
受験が二段階になって子供に負荷がかかる。
むしろ高校なんて希望者全入にすべきだよ。
序列化は大学受験だけで十分」

見事なまでの賛否両論となっており、活発な議論が展開されている。

橋下市政に関してはネットでの注目度が高く、たとえば1日に2ちゃんねるのニュース速報+板に立てられた関連スレッド数を見てみると、野田首相関連スレッドが12個だったのに対し、橋下市長関連スレッドは21個。国政の動向よりも、大阪市長の言動のほうがネット住民にとっては大きな関心事となっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト