ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「キン肉マン」積極的なネット展開

2012.02.13 MON

噂のネット事件簿


「女房を質に入れてでも見たくなるサイトを目指す」との意気込みだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
9日、漫画家のゆでたまご氏は「今から32年前の今日2月9日はジャンプコミック『キン肉マン』第1巻が発売された日であります。まさに肉の日」とツイートし、当時の紙面を写した画像をアップした。1979年、週刊少年ジャンプで連載が始まった『キン肉マン』は、テレビアニメ化されたほか、キン消し(キン肉マン消しゴム)などのグッズも大人気となるなど、一時代を築いた作品。1997年からはキン肉マンの息子・キン肉万太郎を主人公とした『キン肉マンII世』(週刊プレイボーイ)がスタートし、さらに昨年11月からはウェブ上(週刊プレイボーイ公式サイト「週プレNEWS」)でも『キン肉マン』連載が開始されている。

ウェブ連載について、ゆでたまご氏は、週プレNEWSでのインタビューに、「僕自身もツイッターをやっていて、そこでメッセージを発したり、みんなに元気になってもらえそうな『キン肉マン』の画像を載せたりすると、被災地のファンから『励みになります』という返事をたくさんいただけたりしたんですよね」とネットの力を肌で感じたことを明かす。

そして、

「僕らの世代は、漫画は紙媒体だという固定観念を持って育ってきたけれど、これからはウェブで漫画というのもアリなのかもしれないと。もちろん作家のなかには抵抗がある人もまだたくさんいるだろうけど、でもその口火を切るのもまた僕らの役目なんじゃないかと思うんです」

と、ネットでの活動に積極的な理由とその思いを説明。同氏は復活『キン肉マン』最新第9話がYahoo!ブックストアでも展開していることなどの情報を積極的にツイートしているほか、公式サイトも復活『キン肉マン』の最新情報、キャラクター紹介や書き下ろしの原画など、情報を充実させている。

ちなみに、2ちゃんねる上では、【キン肉マン+II世】スレッドは2月10日10時現在、345スレッド目。着々と更新されており、途絶えることのないファンの熱さを垣間見ることができる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト