ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「離婚」ネットは赤裸々吐露の場

2012.02.15 WED

噂のネット事件簿


4年に一度のうるう年にしかない日だが、イギリスではかつて、この日女性がプロポーズすると男性は断れないという決まりがあったそうだ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今年から、2月29日は「円満離婚の日」なのだとか。昨年11月に日本記念日協会に申請、受理された新しい記念日で、“2人に福(29)あれ”の意とのことだ。しかしネット上では、断然“ドロドロの離婚劇”について語るサイトの方が人気だ。

2ちゃんねるの既婚女性板では昨年1月、「【再構築】旦那の浮気【離婚】」なるスレッドが立てられた。1年ちょっとで第18スレッド目に突入。今年2月の書き込みを見てみると、

「興信所に頼んで夫の浮気相手をついに特定。職場の若い女で、写真も撮ってもらった。
家族と一緒に住んでいるという自宅も特定できた。が、肝心の下の名前が分からない・・・
損害賠償請求するつもりなんだけど フルネームが分からないとダメらしい。興信所からは、あとできるとしたら車両登録名を調べることで、それには追加料金が七万円近く発生すると言われた。でもそんなお金もうないよ・・・」

など、長文の書き込みが多く、経験談を吐露する人が続出している。また、ほかにも

「去年の7月に旦那の浮気が発覚。ショックで私は急性アル中、咄嗟的に自殺をしようとしたり、本当にズタボロになった。フラバがひどくて毎日泣いて、シタに暴力を振るってしまったりした。今自分は25歳なんだけど、白髪、抜け毛がすごくて若さとかって何だっけ?状態」(原文ママ。編集部注:「フラバ」はフラッシュバックの意。「シタ」は不倫した夫や妻のこと)

といったものも。この書き込みに対しては、

「25才ならいくらでもやり直しきく!一番女として綺麗な時期。さっさと別れて次いきなはれ」
「んだ。もったいない。そんな男はいくつになっても風俗と浮気のダブルコンボだよ
25で子供がないなら、復讐云々してる時間さえもったいない」
「私が25才の浮気され嫁の母親なら全力で離婚させる」

など、応援メッセージが寄せられている。「円満離婚」となるかはわからないが、誰にも言えない本音を吐露する場としてのネットには、浮気され、離婚を考える女たちの本音の数々が渦巻いている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト