ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Anonymousがネットをダウン!?

2012.02.23 THU

噂のネット事件簿


世界中に1000人以上いるといわれる集団だが、その実態は謎につつまれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ハッカー集団Anonymousが、「3月31日にインターネットをダウンさせる」と予告する声明をネット上で発表していたという。ITメディアエンタープライズによると、声明では、この攻撃を「グローバルブラックアウト作戦」と命名し、世界で合計13あるインターネットのルートDNSサーバを3月31日にダウンさせること、また今回の目的は、あくまで抗議であり、ネットを「殺す」つもりはなく「一時停止」させるだけだということを宣言している。

Anonymousとは“匿名”を意味する言葉で、世界に多く存在する匿名掲示板のなかから生まれたハッカー集団とされ、ネット上でのサイバー攻撃を仕掛け、時には仮面をかぶった姿でデモなどに参加することもある。2011年はチュニジアのジャスミン革命や、エジプトの革命などにも関わったといわれているほか、ソニーの運営する「プレイステーション・ネットワーク」を攻撃した際には、名前、住所、メールアドレスなど7000万件の個人情報を流出させたことでも知られる。今年2月9日には、プーチン・ロシア首相の与党「統一ロシア」のモスクワ州支部のサーバーを攻撃し、ウェブサイトをダウンさせている。

ルートDNSサーバへの攻撃とあって、さすがにネットユーザーの関心は高い。仮にダウンすると、ホスト名やドメイン名によるアクセスが一切不可能になり、URLやメールアドレスも機能しなくなるのだ。

ITメディアエンタープライズでは、セキュリティコンサルティング企業のErrata Security社が、攻撃は不可能だと話している見解を紹介しているが、このニュースを知ったネットユーザーたちの動揺は大きいようだ。ツイッターでも数多のツイートが投稿されているほか、掲示板のスレッドも乱立状態となっている。

「この宣言だけでもSEどもには十分に脅威だよ」
「全世界のは無理にしても ある地区の回線をほんの数秒だけならやれそうな気もする
もちろん一般人には被害は出ないが為替や株などは大きな被害が出るだろ」
「可能のような。。。
まさかとは思うが」

と、警戒する声もあるが、

「ルートサーバーを攻撃でダウンさせるなんて不可能
ダウンさせるにはルートサーバーをバットとかで
物理的に壊さないと無理 」
「数台は落とせるかもしれないけど北米米軍施設内にあるルートサーバーが落とせないだろw」

と、全台攻撃するのはあまり現実的ではないといったコメントも目立つ。なかには「インターネット使えなくなって一番困るのハッカーじゃないの?w」といった声も多数あがっているが、現実となるかどうかは謎のままである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト