ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「○○だけど質問ある?」国際版登場

2012.02.24 FRI

噂のネット事件簿


ARIGATOは計20カ国語対応。地図上で世界中のユーザー数を一目で見られる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
質問サイト『OKWave』を運営するオウケイウェイヴが、20カ国語に対応した国際Q&Aサイト『ARIGATO』に20日から「私に聞いて!」という新機能を追加。海外の見知らぬ人とQ&Aを楽しめるサイトに、回答者からコミュニケーションを開始するという趣向の異なるコーナーが誕生した。

『ARIGATO』は、言語の壁を越えて、世界中の人と質問や回答をやりとりできるサービス。質問および回答は、機械翻訳およびユーザーの翻訳によって成り立っており、現在では、英、独、仏、伊、中、スペイン語に加え、マレー語、ポーランド語、シンハラ語など合計20の言語に対応している。

20日に新たに追加された「私に聞いて!」機能は、その名の通り、自分に対する質問をワールドワイドで募集するもの。例えば、「日本の IT企業で7年程働いているベトナム人だけど、何か質問ありますか?」「東京に住んでいるアニメ・ゲーム好きだけど、何か質問ある?」といった簡潔な自己紹介を行うことで質問を募り、興味を持ったユーザーが質問を投げかけることで、新たなコミュニケーションが成立する仕組みになっている。

サービス開始とともに、「私に聞いて!」には早速、

「韓国語が話せる日本人だけど、何か質問ある?」
「現在,私は交換留学プログラムで、1年間日本に留学しています。交換留学プログラムについて,何か質問はありますか?」

といった投稿するユーザーが登場している。質問するもよし、質問されるもよし、2ちゃんねるの定番スレッド「○○だけど質問ある?」が、ついに国際的に楽しめるようになった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト