ネット界の“旬”なニュースをお届け!

USBにノーベル賞級?の発明登場

2012.02.24 FRI

噂のネット事件簿


2月下旬発売の「どっちもハブ」。もうアナタも百発百中間違いなし ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「パソコンにUSBを挿そうとして、どっちが上かわからず、『こっちかな』と思ってさしてダメ。ひっくり返してもダメ。やっぱり最初ので合っていた」

という経験はないだろうか? バッファローから、「どっち向きでもOK」なUSBコネクタが発売されることが発表され、ネット住民たちから喝采の声が上がっている。

バッファローが2月下旬に発売する『USB2.0ハブ 4ポートタイプ(どっちもハブ)』は、「世界初(※同社調べ)、コネクターの向きを気にせず挿せる」がキャッチコピーのUSBコネクタ。計4台のUSB機器を接続することができるこのマシンは、上下どちら向きでも接続できるポートを搭載しているので、挿しす際にまごつく可能性が一切生じない設計になっている。

この器具の登場は、ネット住民のツボを大いに刺激したらしく、

「今日いちばん嬉しいニュース」
「これが標準であるべき」
「うちの父親は無理やり挿して端子壊してたからな」

と大絶賛。なかには、「ノーベル賞あるで」「人類史上、5本の指には入る発明だな」といった声も飛び出し、ツイッターでも500人以上がこのコネクタの登場についてツイートしている。革命的USBコネクタの登場は、普段パソコンを使用する際に遭遇する“あるある”を過去のモノへと葬り去ることができるかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト