ネット界の“旬”なニュースをお届け!

あらたにす 最初は盛り上がっていた

2012.03.06 TUE

噂のネット事件簿


グーグルトレンドのグラフ。最初だけ特に盛り上がっている様子がわかる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞の3紙を読み比べられるサイト「あらたにす」が2月29日をもって終了した。2008年1月に開始した当初は、「あの朝日、読売、日経が組んだ!」とおおいに話題となったが、開始から約4年での閉鎖となった。

当初は3紙の1面や社説などを読み比べられ、さらには識者によるメディア評も読める点などが話題になった。だが、グーグルトレンドの検索数の指数を見てみると、開始当初にピークを迎え、後は特に盛り上がることもなく終了に至っている。

途中「読み比べジャンル拡充」「iPhoneアプリ公開」などの話題はあったものの、「3社が組んでオープンさせた」というサイト開始時の話題を超えるほどの盛り上がりはその後生まれなかったようだ。

同サイトの2012年2月のページビューは、ページビュー測定サイト「donnamedia」によると、約700万PV/月。「エンターテインメント」のカテゴリーでは1942件中164位、全体のPVランキングでは2万1972件中1258位だ。各3紙の同期間のページビューを見てみると、asahi.comが1億9800万PV/月、YOMIURI ONLINE が2億900万PV/月、日本経済新聞が1億6000万PV/月となっており、「本家」には遠く及ばなかったようだ。

今後は3社協力体制の一段の強化や、より機動的な協業体制の可能性を探るため、2012年春を目処に「ANY 連絡協議会」を新設する。なお、2011年に開設された、編集長役の大学生が日々のニュースをもとに毎日問題提起し、それにより意見交換をするFacebookページ「あらたにす 学生は言いたい!」は継続される。こちらは現在も活発に意見が書き込まれており、たとえば『ぼくらの若者論』では、「近頃の若者は…」という「大人」の姿勢についての議論されたり、『3・11は終わらない』では、原発反対デモの意義やボランティアについて様々な大学の学生が活発な議論をおこなったりしている。ANY 連絡協議会では、今後はこのFacebook をさらに活用していきたいとの構えだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト