ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ペンギン逃亡事件 その後は?

2012.03.07 WED

噂のネット事件簿


今はどこにいるのか…。心配する声もあがり始めている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
3月4日に明らかになった葛西臨海水族園(東京・江戸川区)のペンギン逃亡騒動。幼鳥のフンボルトペンギン1羽が、柵を越えて海へ逃げてしまったというものだ。目撃者が撮影した海を泳ぐペンギンの写真が、朝日新聞デジタルで3月4日21時過ぎにアップされると、またたく間にツイッター上で情報が広まった。3月6日深夜12時現在で関連ツイート数は3667になり、

「大空を飛びたかったのか」
「生存戦略ぅぅぅ!」
「泳いでいるペンギンの写真がすごく楽しそうな件について」

など、好意的に受け止める声が投稿されている。

この“事件”発生の翌日には、葛西臨海水族園の担当者が「周辺地域の方々をはじめ、都民の方々にご迷惑とご心配をおかけしています。お詫び申し上げます。 脱出した個体と思われるペンギンを見かけた場合は、捕まえたり追いかけたりせず、葛西臨海水族園の飼育展示課(直通電話03-3869-5153)までお知らせください」と呼びかけていることが報じられた。これを受けたネットユーザーたちの反応は

「逃走がんばれー」
「早く保護してあげて・・・」

などと様々。また、ペンギンは南極など寒いところに生息するイメージがあるが、

「フンボルトペンギンの故郷は南米沿岸だお」
「極端な寒さには弱く、冬季寒冷な地方の動物園では、冬に暖房の利いた室内で飼育することもある」(原文ママ)

と書き込む人がいて、人々の誤解を解くのに役に立っていた。

なお、3月6日0時32分現在、ペンギンの行方はわかっていない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト