ネット界の“旬”なニュースをお届け!

震災オークション 落札総額は?

2012.03.12 MON

噂のネット事件簿


様々なタイプのアイテムが出品されているYahoo! JAPANの東日本大震災チャリティーオークション ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ネット上では、東日本大震災以降様々なチャリティーオークションがおこなわれてきた。そんなオークション、今はどうなっているのだろうか?

まず、昨年の3月24日に特設ページを開始したYahoo! JAPANの「東日本大震災チャリティーオークション」は現在も開催中。3月9日10時現在で落札金額累計3億9000万円を達成している。これまでにも江頭2:50の白いスパッツや、YOSHIKIのクリスタルのピアノなどで話題になったサイトで、ギブソンから100本限定で発売された奥田民生のシグネチャーモデルのエレキギターが355万2000円で落札されたこともある。

同サイトではオークションコーナー以外にも、「ヤフオク・インサイドストーリー」として、フェイスブックページにリンク。そこでは、サイトを運営するうえでの本音や、T.M.R西川貴教がいち早く基金を立ち上げたことや、泉谷しげるが被災地に100台のiPadを届けるのに密着したレポートが紹介されている。

スタッフは、「語弊を恐れずにいえば、この未曾有の事態を通じて、私たちはひとつの大きな喜びを手に入れることができました。(中略)本当に多くの人たちが、被災地に対して、ひいては日本に対して、これほどまでに深い愛情を持っているという現実を目の当たりにできたことが、私たちは心からうれしかったのです」とつづる。

そのほか楽天のチャリティーオークションでも東日本大震災向けの企画が多数。「映画『はやぶさ』×楽天ブックス」「楽天イーグルスチャリティシートオークション」など、何かとコラボしたり、楽天関連とからめたオークションなどを開催。様々な支援活動・福祉活動に生かされるという2011年度の落札総額は約1億2000万円(9日10時現在)。

ほかにも震災チャリティを目的にしたオークション企画は多数存在する。このようなサイトは、「支援を続けることが大切」ということを、改めて感じさせてくれる。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト