ネット界の“旬”なニュースをお届け!

横浜DeNA新マスコットの評判は?

2012.03.22 THU

噂のネット事件簿


横浜DeNAベイスターズの新マスコット『DB.スターマン』。顔に星が大胆にあしらわれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
プロ野球・横浜DeNAベイスターズは18日、新しい球団マスコット「DB.スターマン」をお披露目した。ネット上では、この新マスコットに対して、いろいろな反応が寄せられている。

チームの象徴である星と横浜の“ハマ”をモチーフに、“ハマ”スターならぬハムスターをイメージしたDB.スターマン。手足は短く、体はずんぐりむっくりとした、いわゆる“ゆるキャラ”系のマスコットだ。

プロ野球のマスコットというと、球場を走りまわったり、踊ったりするものも多いが、寸胴な体型のDB.スターマンは、あまり激しい動きができないことが予想される。中畑監督も「あれじゃ走れないだろう」と指摘しているが、ネット上でも、

「ほかのマスコットと絡めないキャラ作るのは致命的なような気が…」
「機動力なさそうだ」

といった意見が寄せられていた。

ちなみに、これまで横浜のマスコットを務めていたホッシー、ホッシーナ、ホッシーゾのホッシーファミリーは“故郷の星に帰る”ということで卒業となった。ホッシーファミリーたちはそれぞれの公式ツイッターアカウントで、卒業にあたっての感謝のコメントを寄せているが、ホッシーは、

「☆彡今日までボクたちの続投を信じ、願い、まち続けてくれた、みんなの想いに応えられず。☆きっと、たくさん、たくさん、傷つけてしまったね。ゴメンよ。☆彡」

ともつぶやいている。ホッシーにとっては、少々不本意な卒業だったのかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト