ネット界の“旬”なニュースをお届け!

給料公開の30代官僚ブログが話題

2012.03.29 THU

噂のネット事件簿


「正直なところ、今の政治にモノゴトを壊す力はあってもそれを新しく創り変える力はなさそうだと言わざるを得ないので、みなさんに今後の我々は職務体系のあり方に関して考えて頂ければと期待している次第」(原文ママ)という ※この画像はサイトのスクリーンショットです
公務員の給料公開といえば、過去には鹿児島県阿久根市の竹原信一前市長が2009年に、市のホームページ上で、消防を除く全市職員の給与明細を公開し、物議をかもしたことがあるが、23日に30代の東大卒・経済産業省官僚と名乗る人が、ブログで給料を明細とともに公開しやはり話題となっている。

それによると、

俸給:29.2万円
特別都市手当:1.7万円(勤務地が都市の場合、地価・物価を考慮しての多少の地域加算)
超過勤務手当:12.8万円(だいたい60時間の残業)
住居手当:2.7万円
総計:46.5万円(≒額面給与)

これに健康保険料、所得税、住民税などの控除合計が9.5万円で、手取り給与は37.0万円だという。

氏が公開にあたっては、「いろいろ迷った」としながらも、「是非みなさんに国家公務員の働き方がどうあるべきか、ひいては政府の運営及びそれに必要な予算をどう扱うべきか考えてほしい、と思いその材料を提供すべく」と決断したことを明かしているが、これを見たネットユーザーたちは、早速2ちゃんねるのニュース速報板で「霞が関キャリアが給与を暴露 手取りは37万/月」とスレッドを立てた。そこでは、

「そんなにもらえるのか」

という声もあるものの、

「なんか、思ったほど高くなかった」
「意外と安いね」
「安すぎだろ」
「たいしてもらってねえな」

など、激務の負担の割には少ないという意見が多数。ちなみに、国税庁発表の民間給与調査(平成22年)では、30~34歳男性の平均給与は432万円。35~39歳の平均給与が505万円で、全年齢の男性の平均給与では平均507万円となっている。この官僚の給与が多いか少ないかは意見が分かれるところだが、今のところ氏の“問題提起のため”という主旨にはかなっているようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト