ネット界の“旬”なニュースをお届け!

20代ビジネスマン「TV<ネット」

2012.04.04 WED

噂のネット事件簿


web R25読者は、一日何分程度ネットを利用しているだろうか
30日、ソフトバンク・ヒューマンキャピタルが、20代、30代のビジネスパーソン400名に対しておこなったメディア接触に関する調査(「イーキャリア」調べ)にて、1日におけるインターネット利用の平均接触時間は「148分」で、テレビの「135分」、新聞の「13分」を上回ったことを発表した。

年代別では、30代が「テレビ」142分、「インターネット」129分と、テレビがインターネットをやや上回ったのに対し、20代は「インターネット」が167分、「テレビ」129分と30分以上も開きがある。この結果に、2ちゃんねるのニュース速報+板では「【話題】 若者のテレビ離れ・・・20代ビジネスパーソンのインターネット接触時間がテレビを超えた!」とスレッドが立てられ、

「テレビがつまんないんじゃなくてネットが面白すぎるんだよ」
「昔は朝起きてテレビつけてたけど、今はPCつける」

など、自分の生活もネット中心になってきていることを認める人が多数。

ネットを最も多く使うのは「帰宅後~就寝前」(89.5%)。2位は「休憩時間中」(43.0%)となっており、就業中に主に閲覧しているコンテンツでは、男女ともに1位が「ニュース・天気」で57.7%、2位が「Eメール」で46.2%。

3位以下になると、男女差があらわれ始め、男性の3位が「SNS」(32.8%)なのに対し、女性の3位は「交通情報」「エンターテイメント情報」(19.0%)。以下、男性は4位「交通情報」(25.4%)、5位「ゲーム」(19.4%)と続く。女性は4位「ショッピング・オークション」(15.9%)、5位「ゲーム」(14.3%)という結果だった。

ちなみに、SNSはすべての利用シーンにおいて、閲覧しているコンテンツベスト5にランクイン。登録しているSNSで最も多かったのは、「mixi」(57.8%)。次いで「GREE」(46.0%)、「モバゲー(Mobage)」(40.8%)だった。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト