ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「キャラの扱い気に食わない」と作家を脅迫

2012.04.17 TUE

噂のネット事件簿


『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』最新作10巻の表紙。08年にスタートし、10年にはアニメ化もされた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12日、人気ライトノベル作家伏見つかさ氏に500通以上の脅迫メールを送りつけていた32才・無職の男が逮捕された。男が脅迫メールを送りつけた理由は、「好きなキャラクターの扱いが気に入らない」というものだった。

伏見氏は、代表作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』がテレビアニメ化もされるなど、ファンが多い作家。このニュースは、ネット上で大いに話題となり、2ちゃんねるの伏見つかさファンが集うスレッド【俺の妹】伏見つかさスレ438【十三番目のアリス】でも話題に。

「変な前例できたなw」
「こんなバカもいるんだなあ」
「さすがにひくわー」

と、男の行為にあきれる声が上がったが、次第にネット住民の関心は「男はだれのファンだったのか?」というポイントに移行。また、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』最新刊のなかに「どんな業界だって、目立てばストーカーの一人や二人出てくるものさ」「住所を明かしていなくても熱心なストーカーはちゃんと調べてやってくる」と、まるで自らの状況を語っているかのような記述があったことも指摘され、これに対しては「実感こもってるな」「大事にならなくてよかったわ」と、驚きの声が上がった。

先週はメール脅迫事件が各地で頻発し、12日には、元交際相手の女性の母親に「呪う」というメールを送った44歳・無職の男が、さらに14日には、フラれた女性に「ぶち殺す」というメールを送った25歳・アルバイトの男が逮捕された。手軽さもあいまって頻発するメール脅迫事件だが、その分送っている当人には「脅迫」という意識があまりない模様。こうした事件は今後さらに増えていくかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト