ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「本気出す」がネット上でブームに

2012.04.23 MON

噂のネット事件簿


こちらは、すぐに帰りたくなってしまう『もう帰りたい時計』。15時台の表示は「ここにいる意味あるのかな?もう帰りたい。」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「明日からマジメに勉強する」「午後になったら気合入れて仕事する」など、なんやかんや理由をつけて、イヤなことを先送りにした経験は誰しもあるはずだ。そんな人間の気持ちを表した『本気出す時計』がネット上に登場し、これが人気を集めている。

この時計は、通常の時刻表示の下に

「朝から飛ばしすぎると夕方まで持たない。10時から本気出す」(9時台)
「飯食っておなかいっぱい。これでは頭がまわらない。14時から本気出す」(13時台)
「日が明るいうちは集中できないから仕方なかった。ここからは任せておけ。20時から本気出す」(19時台)

など、その時間に応じた“言い訳”がついた「○○から本気出す」というフレーズが表示されるもの。もともと2ちゃんねるでは、まったくやる気がない時に「○○から本気出す」というフレーズを使うのがお約束になっており、「【1月】 初っ端から飛ばすと後でばてる。2月から本気を出す」「【2月】 まだまだ寒い。これではやる気が出ない。3月から本気出す」など、ひと月単位バージョンが定番コピペとして存在していた。

こうした下地もあってか、この『本気出す時計』は2月にネット上で公開され、3月には好評に応えてアンドロイド用アプリが登場。4月に入ると、「めし食ってから本気出すにゃん」と“猫語”で表示される『本気出す時計 ねこエディション』や、「会社へ向かうサラリーマンを見ると、さあ就職活動しようという気持ちになってくる。9時から本気出す」という『就活に本気出す時計』も登場し、ネット上では、ちょっとした「本気出すブーム」が起きている。

フレーズのあまりのユルユルさ加減に、やる気が削がれてしまうことうけあいのこの時計だが、アプリに寄せられたレビューでは、369人中279人が5つ星を進呈(19日16時現在)している。ユーザーからは、

「最高です。 月日表記まで出たらさらに良い」
「めちゃおもしろい」
「これからバリエーションを増やしていってほしい」

といった感想が寄せられており、今後も新たなバージョンが登場しそうな勢いだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト