ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ガソリン価格 都内でも36円の差

2012.04.23 MON

噂のネット事件簿


「石油情報センター」が提供している「一般小売価格 給油所ガソリン・軽油・灯油 週次調査」。全国的に2月から3月の1カ月で1リットルあたりおよそ10円値上がりしている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
行楽シーズンを前にガソリン価格が高騰している。お金をかけずに遠くに行くには、「安いガソリンスタンド」と「燃費の良い車」が必要だ。それらの情報を提供しているサイトを紹介しよう。

まず、ガソリン価格を比較するなら、『gogo.gs』が便利だ。こちらのサイトはユーザーの投稿によって成立しており、全国47都道府県別に安いガソリンスタンド(「GS」)がランキング化されている。東京都を例にとれば、江戸川区春江および八王子市堀之内のGSがレギュラー1リットルあたり142円で最安値(20日9時時点)。都心部では、文京区本郷のGSの178円を筆頭に、160円を切っているGSも多数存在するので、この価格差は見逃せない。

一方、車の燃費を比較するなら、『カーセンサーラボnavi』が「低燃費の車ランキング」を提供している。こちらのランキングは、軽自動車、ミニバン、ステーションワゴン、セダンなど、タイプ別にランキング化されており、全車種のトップ、トヨタの「アクア」は1リットルあたり40kmを達成。また車情報サイト『クルマを買う』では、国産メーカーの各車種の燃費を掲載しており、自分が乗りたい車の燃費をチェックすることができる。

日本エネルギー経済研究所開設のサイト『石油情報センター』が発表している「一般小売価格 給油所ガソリン・軽油・灯油 週次調査」によると、東京都の3月26日の平均価格は160.5円(レギュラー1リットルあたり)で、この価格は2年前の132.3円(2010年3月23日)から30円近くも上昇している。GWに遠方へのドライブを計画されている方は、給油したりレンタカーを借りる前に下調べするとよいだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト