ネット界の“旬”なニュースをお届け!

橋下市長のTLにケムール人侵入?

2012.05.09 WED

噂のネット事件簿


フォローしていないユーザーによるリツイートがタイムラインに表示されてしまった橋下市長のアカウント ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ツイッターで自身の意見を頻繁に発信している大阪市の橋下徹市長が5月4日、少々穏やかではないつぶやきを投稿し、話題となっている。そのつぶやきとは以下のものだ。

「どうも僕のアカウントを潰すために色々と画策が行われているようです。僕がフォローもしていない人達が僕のタイムラインに侵入して、無茶苦茶やっています。まあ所詮ネットのことだから目くじら立てることもないけど、一定のルールは守ってもらいたいな。これ不正アクセス防止法違反になるかもしれない」

さらに橋下市長は以下のように説明した。

「フォローしていない@meme50による以下のリツート。こんなのが大量にタイムラインへ RT @sousai_h: @meme50 野暮を承知で突っ込ませていただければ、「ケムール”星”人」ではなく「ケムール人」が正確な名称であります。『ウルトラQ』に登場し、『ウルトラマン』 でもメ」(原文ママ)

つまり、橋下市長のアカウントでは表示されるはずのない投稿が表示され、橋下市長はその原因として何者かによる不正アクセスの可能性を指摘したのだ。その後も、混乱していることを示すツイートを投稿していた。

この現象の原因について、ツイッターユーザーからは、

「橋本さん、バグってご存知でしょうか?」(原文ママ)
「失礼します。それは、Twitterのバグでは?一応Twitterに問い合わせてみてはいかがでしょうか?」

などと、何らかの不具合ではないかとの意見が寄せられた。正確な情報はないが、別のユーザーでも橋下市長と同様の症状が確認できたとのことで、不正アクセスの類いではなく不具合が原因である可能性が高そうだ。

また、この件とは別に「橋下イラネtwitterデモ」と称して、橋下氏に対する不満をハッシュタグ「#橋下イラネ」をつけて、橋下市長のアカウント宛てにつぶやくという企画が行われていた。橋下市長は、このデモ活動と前述の不具合とを絡めて、

「ツイッターによってこういうデモも成立するんですね。面白い!さっきのTL(編集部註:タイムライン)占拠はこのような運動の一環なんだろうね」

ともつぶやいているが、前述した通り、やはり橋下市長の“TL占拠”は何らかの不具合だったと考える方が自然だろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト