ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ナウシカ「巨神兵」の映画化に賛否

2012.05.14 MON

噂のネット事件簿


『風の谷のナウシカ』の「巨神兵」が単独で実写映画に。宮崎駿氏は「ナウシカは使うな」とだけ条件を出したという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
宮崎駿監督の代表作『風の谷のナウシカ』に登場した「巨神兵」を主人公とした短編映画が7月に公開されることが明らかになった。企画したのは『ヱヴァンゲリヲン』の作者、庵野秀明氏。特別展『館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』(7月10日~、東京都現代美術館)で公開される。

詳細発表前の10日未明、ヱヴァファンのサイト「みんなのエヴァンゲリオン(ヱヴァ)ファン」で第一報が出ると、早くも注目が集まり、この記事は約6時間で800以上ツイートされている。同日午後に開かれた、庵野氏、樋口真嗣監督、鈴木敏夫ジブリプロデューサーの会見後は、多くのサイトが記事をアップし、なかには1200以上リツイートされたものも(5月11日午前3時10分現在)。

宮崎氏と庵野氏は師弟関係。ナウシカで巨神兵の作画を担当したのが若き庵野氏だった。今回の映画を庵野氏は「CGを一切使わない、最後の特撮作品になるだろう」と話す。

ツイッターでは、

「行きたい、行きたい、行きたい!!!!!!!」
「巨神兵ファンにはたまらない作品になりそう。期待」

などと好意的な意見が多いが、2ちゃんねるまとめサイト「痛いニュース」では、会見に登場した実写版巨神兵像について、

「こわすぎわろた」
「こええW ガキが見たらしょんべんチビるな」

という感想が。確かにアニメ版よりも、グロテスクな印象だ。またヱヴァンゲリヲンの監督が実写化することに注目したファンからの、

「どう考えても新劇場エヴァから現実逃避してるとしか思えない。。。」
「中にシンジくんが乗ってるわけか」
「ズレてるなー こういう企画は巨神兵VSエヴァだろ」

というコメントも2ちゃんねるに投稿されていることが紹介されている。

5分以上10分未満の作品になるという今回の映画。否定的な意見もファンだからこその期待の裏返しということができそう。公開後の人々の反応が早くも気になるところだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト