ネット界の“旬”なニュースをお届け!

福岡市公式「フォト蔵」画像利用OK

2012.05.18 FRI

噂のネット事件簿


フォト蔵版の「まるごと福岡・博多 」。現在222点の写真が掲載されている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
福岡市は15日、デジタルガレージの画像共有サービス「フォト蔵」に公式アカウントを開設したと発表した。「まるごと福岡・博多(フォト蔵版)」として17日より運用を開始し、街並みや文化など、市の魅力を紹介する写真を掲載する。また、サイトでの閲覧だけでなく、クリエイティブ・コモンズに準拠した形で二次利用を可能にするという。

福岡市といえば、ニコニコ動画やYouTubeでの発信にも積極的なほか、Google+上にもアカウントを開設したり、2012年4月には画像共有SNS「Pinterest」に「福岡チャンネル」を開設するなど、SNSでの発信に積極的。自治体で初参入となる「フォト蔵」では、学校、ドームといった建物から伝統工芸品とそれを作る職人、どんたくなどの祭りの様子など、多数の写真が投稿されており、福岡市の様々な顔を見ることができる。

このニュースに、ツイッター上でも

「これは素晴らしい」
「福岡市すごい」
「新しいな…。地公体とは思えん」
「いい景色や街並の写真が広まっていけば良い」(原文ママ)

と歓迎する声が投稿されている。また、もともと福岡市は「まるごと福岡・博多」というサイトを作成しており、そちらで掲載している写真も二次利用可能だったが、「フォト蔵ならわざわざダウンロードしなくても『ブログに貼る』でHTMLソース貼り付ける事ができる」(原文ママ)と、ユーザーの使いやすさを考慮した取り組みに感心する声もあがっている。

地方自治体のSNSの活用といえば、PRの目的でツイッターの公式アカウントを持つところが多い。また、佐賀県武雄市や北海道日高町役場などは、フェイスブックページを開設している。文字だけでなく、写真や動画を共有するサービスが充実してきたなか、写真活用に注力する福岡市の取り組みが注目される。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト