ネット界の“旬”なニュースをお届け!

スカイツリー自慢がネットを席巻中

2012.05.29 TUE

噂のネット事件簿


スカイツリーのリアルタイム検索の結果。およそ5秒に2~3人が「スカイツリー」という単語を含むツイートを発信している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
22日に東京スカイツリーが開業し、開業初日には約22万人が展望台や商業施設「東京スカイツリータウン」を訪れた。26日には早くも来場者が100万人を上回り、予想を上回る混雑が続くなか、ネット上では、展望台を訪れた人が続々とその感想を公開している。

「22日以降」に限定し、Yahoo!検索で、「ブログ スカイツリー 行ってきました」で検索してみると、「東京スカイツリーに登ってきました」「東京スカイツリーに行ってきました」「行って来ました東京スカイツリー」「東京スカイツリー、オープン日に行ってきました!」など、“スカイツリー自慢”をしたいブロガーのエントリーが山のようにヒットする。彼らの感想を見ると、展望台について、

「なんとか都庁が見えたり、あ、そうそう、東京タワーもかすかに見えました」
「隅田川に浮かぶ船の灯りや、自動車の灯りを見る事ができました」
「東京スカイツリーイーストタワーがgoogle Earthみたいに見える・・・」
「展望デッキのガラス床、地上まで340m、高所恐怖症の人にはちょっと・・・」

と、見えるものを報告したり、あまりの高さに驚く声が。圧倒的な高さと話題性を考えると、行ってきた人がついつい自慢したくなる気持ちも分かるというものだ。

有名人では、開業翌日の23日にプライベートでスカイツリーに上ったジャガー横田が「スカイツリーに行って来ました。(*^^*)」というブログエントリーを公開し、「景色が最高ですよぉ\(^-^)/」「いやいや!展望台の高さは半端ないわ・・・(;^_^A)」といった感想を投稿。このほか、渡邉美樹、はしのえみ、福田萌などは、開業日前にいち早くスカイツリーに上ったことを報告している。

大人気のスカイツリーだが、5月22日~7月10日までは完全予約制となっており、同期間の入場券の予約販売はすでに終了している。現在は、7月11日以降の入場券の予約販売が行われており、27日12時現在、「空席あり」は7月27日のみ。7月11日以降は当日券が各日1万枚発売されるので、いまから狙うならそちらになるが、行列必至となりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト