ネット界の“旬”なニュースをお届け!

日本快勝もMOMはアルハブシ?

2012.06.06 WED

噂のネット事件簿


イングランド・プレミアリーグのウィガン・アスレティックFCで活躍するアルハブシ選手。ウィガンの公式サイトでも、オマーン代表敗戦のニュースが伝えられている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
サッカー日本代表は6月3日、W杯ブラジル大会アジア最終予選の初戦でオマーン代表と対戦し、3対0で快勝した。予選突破に向けて幸先のいい勝利に、ネット住民たちも満足している様子だ。

試合終了直後、2ちゃんねるの芸能・音楽・スポーツニュース速報+板には「【サッカー】W杯アジア予選 日本、オマーンに3-0快勝! 本田鮮やか先制ボレー、前田岡崎追加点、ブラジルへ好スタート切る[06/03]」というスレッドが立ち、以下のような感想が寄せられていた。

「文句なしの勝利だな!
試合内容もほんとによかった」
「完璧に強豪のサッカーができるようになった。素晴らしい」
「前田と本田が素晴らしすぎて笑えてきた
こんな前線が頼りになる日が来るなんてwwww」

などと“ベタ褒め”の意見が多く、特に得点した本田圭佑選手や前田遼一選手に対する評価が高かったようだ。

しかし、それ以上にネット上での評価が高かったのが、オマーン代表GKのアルハブシ選手だ。日本代表に3点決められたとはいえ、前半の岡崎選手のヘディングシュートや、後半の清武選手による決定的なシュートを抑えるなど、ナイスセーブを連発。そんなアルハブシ選手のプレーに対し、日本のネット住民たちは、

「MOM(編集部註:マン・オブ・ザ・マッチ)はアルハブシ」
「ごめん一番興奮したの最後のアルハブシだわ」
「ハブシすごいな
あいつじゃなかったら5-0にはできてた」

と、大絶賛している。

確かにアルハブシ選手の活躍は素晴らしいものだったが、もしも日本が負けていたら、ネット上で絶賛されることもなかったはず。そう考えると、今回のオマーン戦の勝利は、相手チームの選手を褒める余裕が出てくるほどの快勝だったということだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト