ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB握手会での暴言は「人気の証」か

2012.06.06 WED

噂のネット事件簿


握手会で心無い言葉を受けたことにGoogle+で抗議するNMB48の福本愛菜。3日の握手会は体調不良を理由に途中で中止となった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
以前よりネット上で議論の対象となっている、AKB48の握手会におけるファンのマナーの悪化。一部のメンバーがブログやGoogle+などでマナーの改善を訴えているが、それでもマナーの悪いファンの抑制には至っていないようだ。

6月3日、AKB48のシングル『真夏のSounds good!』劇場盤特典の個別握手会が幕張メッセで行われた。そこでNMB48の福本愛菜が一部のファンから心無い言葉を受けたとGoogle+で以下のように訴えている。

「握手してて相手の気持ち考えやんと発した一言でどんだけ傷付くかわかってもらえへんほど悲しいことないな。

怪我してくれてよかった?

そりゃ他のメンバーを応援してて愛菜が休みになったらプラスになる人だって出てくると思う。
でもそれ言われたこっちはどうしたらいいん?

怪我したくてしてるわけちゃうのに。

なんかずっと考えてたら切なくなってくる」(原文ママ)

5月19日のブログで、足首をケガしていたことを告白した福本。そのケガが完治しないことを理由に、その後公演をキャンセルしていた。握手会で受けた心無い言葉はそのケガに関するものだったようだ。

福本の書き込みに対して、2ちゃんねるのAKB専門板・地下アイドル板の「NMB48★1112」というスレッドではこんな意見が寄せられている。

「ついに福本にもきたか。
人気メンの宿命というかなんというか」
「暴言吐く非常識ヲタは永久出禁にしたらいいんだよ>運営」
「そいつは傷つけるために言ってるのに、ぐぐたす(編集部註:Google+のこと)でそんなん書いたら効いてるって認めてることになるで」
「アンチがつくほど人気になったってことじゃ」
「文句はしょっちゅう言われてるのだろう
でも今回のは特に腹立ったからどうしても反論したかったんやろな」

福本を心配する意見や心無い言葉を発したファンを糾弾する意見が多いのは当然だが、「“アンチ”や“暴言”は人気が出てきた証拠」という意見は、AKBファンならではの励ましともいえ、人気アイドルの厳しい一面かもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト