ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB篠田のスピーチに「名言」の声

2012.06.07 THU

噂のネット事件簿


ファンからの歓声を噛み締め、まだまだ頑張る決意表明をした篠田 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月6日、アイドルグループAKB48のファン投票「第4回AKB48選抜総選挙」が日本武道館で行われた。不動のセンターと呼ばれた前田敦子が不在のなか、1位は10万8837票を獲得した大島優子。2位は5月23日に発表された速報結果の順位を守りぬいた渡辺麻友、3位は昨年の順位(3位)を死守した柏木由紀、4位は昨年9位から大躍進の指原莉乃――。

フジテレビで生中継され、平均視聴率が18.7%と注目されたこの開票劇は、64位すべての順位が発表された後、ネットでは「感動した当選スピーチ」について様々な意見が交わされた。なかでも、2ちゃんねるの地下アイドル板で立てられたスレッド「【総選挙】一番感動した、印象に残ったスピーチ」では、特に感動を呼んだのは、5位だったAKB48最年長の篠田のスピーチという声が多い。

篠田はステージに上がるとファンに感謝を述べ、総選挙を自分が成長できる場だと説明。そして、さまざまな思いをめぐらせたのか涙をこらえ「後輩に席を譲れと言う方もいるかもしれません」と切り出した。「でも私は席を譲らないと上にあがれないメンバーはAKBでは勝てないと思います」とキッパリ言い、総選挙で味わった悔しい気持ちを自分たち先輩にぶつけろと鼓舞。「潰すつもりできてください。私はいつでも待ってます。そんな、心強い後輩が出てきたならば、私は笑顔で卒業したいと思ってます」と、メンバー最年長としての存在感を見せつけ、後輩たちを刺激するメッセージを送り、さらに来年へのほう振を語った。

この篠田の言葉に対し、

「麻里子様はよく言ってくれたって感じだった」
「麻里子のは本当に名言」
「篠田かっけー」
「まりこさま、感動した。
後輩達にも今後影響を与える名スピーチなんじゃないかな」
「感動とかじゃないけど篠田さんはさすがだなと思った」

と称賛する声が続出。

2位となった18歳の渡辺の「もし来年もまた総選挙があるならば、私は、1位をとりたいです」と世代交代を宣言したスピーチにも、「麻里子様の言葉に刺激されたのかまゆゆも素晴らしかった」「渡辺麻友が成長して戻ってきた感じだな」と、高く評価するユーザーが多かった。

今年はGoogle+上で選挙の模様をライブ配信したため、ネットではこれまで以上にそれぞれのメンバーの言動が話題にのぼることとなったが、次の総選挙まで1位となった大島優子が宣言した「士気が高いAKB」がどんな活躍を見せてくれるのか。ファンの注目はますます高まりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト