ネット界の“旬”なニュースをお届け!

総選挙の日「前田」「さしこ」1位

2012.06.08 FRI

噂のネット事件簿


広島のエースナンバーをつけ、プロ6年目の前田投手。今年は開幕当初にノーヒットノーランの快挙を成し遂げた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「第4回AKB48選抜総選挙」があった6月6日、「【速報】前田一位」の文字がネットに躍った。と言っても、AKB48卒業を宣言し、総選挙への立候補を辞退していた前田敦子のことではなく、前田健太投手(広島東洋カープ)のこと。オールスターゲームのファン投票が行われていて、その中間発表があったのだ。

6月1日の発表では、セ・リーグ投手部門は巨人の杉内俊哉投手がトップだったが、5日に約1万4000票の差をつけ、前田投手が堂々の1位に。そして、前田本人が「えっっっ!?!?一位!?!?俺!?!?」という驚きのコメントを自身のブログにアップ。このことがニュースとなり、2ちゃんねるのニュース速報板に「【速報】前田一位」というスレッドが立てられると、驚いて思わずタイトルをポチッとクリックしてしまう人が続出した。「もしかしてあの不動のエース、前田敦子が…!?」との期待を胸にクリックしたと思われる人からは、

「ちょw狙ってたなw」
「ワラタ」
「うわー釣られた…(´・ω・`)」

と、一本取られたというコメントがスレッドに書き込まれていた。

しかし、実は1位になったのは前田だけではない。「さしこ」も「総選挙」を制していたのだ。

こちらは大分・高崎山のサル「さしこちゃん」。名づけ親は「さしこ」のあだ名で親しまれるAKB48指原莉乃で、こちらは高崎山で最も人気のあるサルを選ぶ「アイドル人気投票」の結果。白い手と背中の白い線が特徴のピーちゃんと初代アイドルの座を争っていた。開票の結果、ピーちゃんに14票の差をつける538票を集め、見事優勝。名づけ親の指原莉乃も選抜総選挙で4位と大躍進し、お互いの健闘をたたえあう結果といえるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト