ネット界の“旬”なニュースをお届け!

2012夏アニメは「ラノベの夏」?

2012.06.15 FRI

噂のネット事件簿


『ゆるゆり』公式サイト。女子校ならではのネタが満載!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
6月も半分が過ぎ、四半期の終わりが近づいてきた。ネット上では、季節の変わり目になると定期的に「次のクールに見たいアニメ」について議論がヒートアップする。今回も7月からスタートする「夏アニメ」について、あれやこれやと意見が交わされているようだ。

マンガ、アニメ、ゲーム、フィギュア、声優のジャンルに特化した2ちゃんねるのまとめサイト『オタクニュース』に立てられたスレッド「2012年夏アニメ一覧最新版(24作品)どれを見る?」では、5月の時点で

「ほらいぞん以外何見るかね・・・」(※『境界線上のホライゾンⅡ』)
「ラグラン2期以外見るのない」 (※『輪廻のラグランジェ season2』)
「ドッグデイズ楽しみですねぇ(´・ω・`)」

と、どれともつかぬ意見が目立っていた。しかし、6月になり7月スタートの作品が各テレビ局から発表されると、2ちゃんねる・ニュー速VIP板に「【来期】夏アニメ豊作すぎwwwwwwwwwwww」というスレッドが登場。そこでは、

「taritariに俺は賭ける」(※『TARI TARI』)
「ホライゾンは確定だなあ」
「犬日々(※『DOG DAYS 第2期』)だけは見るわとりあえず」

という声のほかに、人気が集中していた作品がある。

「ゆるゆりの存在だけで豊作になるわ」
「ゆるゆりだけでも最高」
「ゆるゆり失敗すると思ってる奴はにわか
太田雅彦に萌えアニメ作らせて失敗するわけがない」

など、『ゆるゆりⅡ』 をプッシュする声が多く見られ、期待の高さがうかがえる。

アニメ『ゆるゆり』は女子校の「ごらく部」に所属する中学生4人と生徒会の女の子たちの“ゆるい”日常生活を描いたアニメで、2011年7月から9月を第1期として放送され、今回はファン待望の第2期が放送となる。それ以外にも、ネット上では「脅威のラノベ率」と評され話題を集めているのが、ライトノベル原作のアニメたち。「予告トレイラーの気合の入り方が凄かったから期待」という声があがっている『ソードアート・オンライン』をはじめ、『織田信奈の野望』『MUV-LUV ALTERNATIVE TOTAL ECLIPSE』『カンピオーネ!』『人類は衰退しました』『はぐれ勇者の鬼畜美学』『この中に1人、妹がいる!』など11作品がラノベ原作アニメとして注目されている。さらに、「ラグランジェは主題歌に期待だな。 OP(※オープニング)は中島愛、ED(※エンディング)は主役の3人が歌うらしいし」と人気声優陣の主題歌を楽しみにしているアニメファンもいる模様。あなたのお気に入りはもう見つかりましたか?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト