ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「七夕の願い」ツイッター投稿盛況

2012.07.05 THU

噂のネット事件簿


筆者の甥は幼稚園児のころ「ほとけさまになりたい」と言った。デキた子である
今年の七夕は土曜日。当日の天気も気になるところだが、毎年この時期、ツイッターでは様々な七夕関連のハッシュタグで願い事をツイートする人たちがいる。

ツイッタージャパンのブログでは、「皆さんの願いが聞き届けられますように」として、「#天の川にお願い」での投稿を提案。このハッシュタグがつけられたツイートを見ると、

「気持ちが穏やかでいられるパートナーとずっーといっしょにいられますように!」
「元気な子が産まれますように!自分に関わりある人が元気でありますように!」

という、自分とその周囲の幸せを願うものはもちろん、

「お家買えるだけのお金がなるべく早く貯まりますように」
「卒業に必要な総単位が取得できますように」
「内定内定内定内定」

という現実的な願いや、「願い事が叶いますように」という願いも。また、ツイッターユーザーから生まれた「#そろそろ七夕なので短冊に願いを」というハッシュタグでは、やはり「日常の幸せ」「恋愛・結婚」についてのものも多いが、

「妻が戻ってきますように」
「仕事が減りますように…」

と切ない願いも吐露されている。さらに、

「どうか世界中の全ての食べ物がたこ焼きになりますよーに」
「全ての女子に眼鏡を」
「二次元へ行けますように」

など、彦星様や織姫様がみたら困ってしまうような願いが投稿されている。子どもの頃、願いをこめて短冊にしたためた言葉。大人になったら普段なかなか言えない“願い事”、今年はツイッターで投稿してみるのはいかがだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト