ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「第九」サプライズ動画を世界が称賛

2012.07.09 MON

噂のネット事件簿


始まってから4分が過ぎたころの動画。総勢100名のオーケストラと大勢の観衆が広場に集まっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スペイン・バルセロナのサバデイで撮影された動画「Som Sabadell flashmob」が、いま世界から称賛されている。これは5月のとある日の夕方にサンロック広場で始まった、コントラバス奏者とチェリストのベートーベン「交響曲第9番」の路上ライブ。その後次第に演奏家たちが増えていき、100人規模のオーケストラが編成され、感動の大フィナーレを迎えるという動画だ。

5月31日にYouTubeで公開されたこの動画は、約159万のPVを稼ぐ人気に(7月5日午後10時16分現在)。世界のあちこちから、称賛の声がコメント欄に書き込まれている。

「最高!!!!! わお!」(英文を和訳)
「笑って、同時に泣いて、3分間ずっとそんな状態が続いたわ。本当に美しいわ!!」(英文を和訳)
「日本じゃなかなかできないものです。被災地で演奏したら、心の安らぎになるでしょう。ブラボー!! Wonderfull!!」(原文ママ)

実はこの動画は、サバデイ銀行の創立130周年を記念してのイベント。ユーザーからのコメントのなかには、

「ブラボー! ありがとう、スペイン、サバデイ! 最も困難なときでも音楽がそこにあるよ」(英文を和訳)

と、経済危機をにあるスペインの現状を踏まえたコメントもみられた。

また、タイトルにあるflashmob(フラッシュモブ)とは、あらかじめ指示された時間・場所に、主旨に賛同した人が集まって、突然集団パフォーマンスを行ってすぐに立ち去るイベントのこと。今回は地元の3つの楽団のメンバーが参加したというわけだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト