ネット界の“旬”なニュースをお届け!

民主党の新スローガンを勝手に提案

2012.07.13 FRI

噂のネット事件簿


7月12日の時点で民主党公式サイトの党名ロゴには「国民の生活が第一。」というキャッチフレーズが書かれている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
7月11日、民主党を離れた小沢一郎氏は新党結成を正式に発表し、その党名は「国民の生活が第一」に決定した。

既存の政党名に比べると、かなり長くて、特徴的なこの党名。ネット上での評判はどうなのだろうか。2ちゃんねるニュース速報板の「【超速報】小沢新党は、国民の生活が第一」というスレッドを見ると、

「どういうことなの…」
「もっとこう…党名っぽくしてほしかったな」
「センス無さすぎw
『国民生活党』位にしておけばいいのに」

と、微妙な反応が多かった。

「国民の生活が第一」という言葉は、もともと2009年の衆院選での民主党のキャッチフレーズだったもの。小沢氏がこの言葉を党名に採用したことを受けて、民主党の輿石幹事長は「新しいキャッチフレーズを考えていきたい」とコメントしている。すると、今度は2ちゃんねるニュース速報板に「民主党『新しいキャッチフレーズキボンヌ』」というスレッドが立ち、ネット住民たちは民主党の新キャッチフレーズを思い思いに披露。以下は、スレッド上で提案された新キャッチフレーズだ。

「マニフェスト信じるおまえが信じられない」
「民主党の理念が第一」
「政治家の生活が第一」
「国民の生活が台無」

などなど、とにかく辛らつなキャッチフレーズばかり。ネット住民による民主党政権への不信感が感じられる形となっていた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト