ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイッターでロンドン五輪観戦

2012.07.20 FRI

噂のネット事件簿


現在のロンドン時間もわかるようになっている ※この画像はサイトのスクリーンショットです
いよいよ28日(日本時間)から開幕するロンドン五輪に向け、どんな競技や試合にみんなが熱中しているのか、ツイッターから知る方法が整いつつある。

まず17日、Yahoo! JAPANは「速報!! つぶや☆king」を公開した。

このサイトは、オリンピックで競われる32種類の競技のうち、ツイッター上でどの競技が盛り上がっていているかがグラフで表示される。ツイート数が多ければアイコンは大きくなり、さらにグラフの縦メモリ「盛り上がり度数」の上方に移動するなど、視覚的にわかりやすくなっている。

グラフに加えて、その時最も盛り上がっている6つの競技にフィーチャーしたコーナーも。それぞれの競技についてのツイートの一部が表示されるほか、それに関連する報道機関の写真が掲載される。例えば、19日9時現在表示されているのはサッカー、バスケットボール、テニス、シンクロ、ボート、ボクシングの6つの競技で、共同通信デジタル、サンケイスポーツなどの写真がタイムラインのトップに表示されている。

タイムラインが表示される枠の下には、特集サイト内に設けられた競技ページのトップや日程・結果情報へのリンクもあり、「今どうなっているかな」といった検索もしやすい。

なお、ツイッタージャパンでは、日本代表公式ハッシュタグ一覧を作成しており、「#オリンピック」をはじめ、「#アーチェリー」「#水泳」「#レスリング」など競技名のタグを公開済み。これらは日本オリンピック委員会(JOC)公認のもので、JOCでは、公式アカウント「@Japan_Olympic」のほか、Facebookページも公開している。

ネットでも様々に盛り上がるロンドンオリンピック。今年はソーシャルに楽しむものとなりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト