ネット界の“旬”なニュースをお届け!

予想外過ぎるロボットレストラン

2012.07.23 MON

噂のネット事件簿


公式サイトもド派手な「ロボットレストラン」。店内では、セクシーな女性によるドラムパフォーマンスなども行われる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
7月18日にオープンした新宿歌舞伎町の飲食店「ロボットレストラン」が、あまりにも強烈だとネット上で話題となっている。

チラシやホームページでは、“総工費100億円”“巨大ロボットが歩くレストラン”“すべてが予想外!!”などのキャッチフレーズが飛ぶ「ロボットレストラン」。ロボットというと、例えばガンダムのようなものや、映画『スターウォーズ』のR2-D2やC-3POのようなものを思い浮かべる人も多いだろうが、「ロボットレストラン」でのロボットはまったく違う。なんと、セクシーな女性の上半身に、ガンダムに出てくるモビルスーツのような下半身が付いたロボットで、そのロボットに女性スタッフが乗って、店内を移動するというのだ。

店内では、このロボットを使ったショーも行われている。どうやら、通常のレストランというよりは、いわゆるショーパブのような営業形態となっているようだ。

また、オープン前には、このロボットを積んだ宣伝カーが都内を走行。その異様な姿は、複数のツイッターユーザーによって写真付きで報告されていた。

とにかく、一般的に想像されるロボットとは、かなり隔たりのある「ロボットレストラン」。ツイッターユーザーたちの反応を見ると、

「ロボットレストランとかネタとかじゃなくてマジモンなん??見てるといろいろ頭が混乱してくるんだけど(笑)」
「まさにカオス」
「今新宿で見かけて、度肝抜かれた…確かに『思ってたのと違う』」
「ロボットレストラン、くだらなやばいな。歌舞伎町行きたくなった(笑)」(原文ママ)
「歌舞伎町にできたロボットレストラン超気になる。いきなり暴走とかしないかな」

などと、その異様な姿に困惑しつつも、興味を惹かれている人が多かった。

ちなみにホームページによると、利用料金は、シートチャージ、ショー観覧料、フード・1ドリンク料金、サービス料込みで、1人3000円とのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト