ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネットで愛される外国人アスリート

2012.07.24 TUE

噂のネット事件簿


ひらがな表で勉強中の横浜・ブランドン選手。一生懸命なツイートは「かわいすぎる」と大人気だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
7月22日、「東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ」に出場するために来日した元サッカー・イタリア代表のデル・ピエロ選手が、帰国前に豚しゃぶを堪能するなど、“日本食通”だったことが報じられた。同選手は、新日本プロレスやアニメ『ルパン三世』のファンとして知られ、震災後には自ら進んでチャリティー活動に励み、多額の収益金を寄付するなど親日家。日本でのプレー経験はないものの、ネットユーザーの間では以前より人気である。

デル・ピエロが今回得点を決めて盛り上げたスペシャルマッチの後にも、「今日は皆さんに『ありがとう』と言いたい。そしてまた、日本に戻ってこようと思います」とコメントを残すと「素晴らしいゴールと、震災復興へのアシストをありがとう! デルピエロ!」「デルピエロ=良い奴」など、ユーザーから感謝の声が多く寄せられた。

他にも、ネット上で人気の外国人スポーツ選手・監督がいる。Jリーグ・名古屋グランパスのドラガン・ストイコビッチ監督もその一人だ。7月19日、中日スポーツが掲載した写真が、ネット上で話題を呼んでいる。その記事は、名古屋グランパスの選手やスタッフたちと行った決起集会のもようを報じるもので、ストイコビッチ監督が鮎の塩焼きを片手に笑顔で撮影に応じているのだ。ネットユーザーの間では、監督が納豆やうどん、梅干しといった日本食に加え“鮎の塩焼き”まで好むという情報で盛り上がり、2ちゃんねる・芸スポニュース速報+板に立てられたスレッド「【サッカー/Jリーグ】アユの塩焼きを手にストイコビッチ監督も笑顔…名古屋グランパス、バーベキューで“決起集会”」では、

「納豆だけでなく鮎もすきなのか。これは本物だな」
「どんだけ日本食好きだよw」
「ストイコかわいいよストイコ」
「こういうのほのぼのして良いなぁ
ピクシー(編集部注釈:ストイコビッチ監督の愛称)最高だ」

と思い思いにコメントをした。また、プロ野球界では、横浜DeNAベイスターズに所属するブランドン選手が人気だ。6月末に、あるネットユーザーが掲示板で紹介し話題になった、ブランドン選手のカタコトの日本語でのツイートは次のようなものだ。

「きょわ たかさきさん がばらます!」
「まいにち ひらがなおべんきょうしています」

これを見たネットユーザーたちからは「かわいい」と大評判で、一気にネットで愛される外国人選手となった。

いずれの選手も、日本への愛情や日本社会・文化に溶け込もうという真摯な姿勢が、ネットユーザーの心を打っているといえそう。ちなみにブランドン選手のツイッターには、毎日多くのフォロワーからツイートがなされており、こうしたやり取りは日本語の勉強に役立っているかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト