ネット界の“旬”なニュースをお届け!

AKB商法?「入浴音」CD賛否

2012.07.30 MON

噂のネット事件簿


Google+の渡辺の投稿。“ちゃぷちゃぷ”(入浴)を終えたことを報告している ※この画像はサイトのスクリーンショットです。
7月24日、アイドルグループ・NMB48の8月8日発売の5枚目のシングル「ヴァージニティー」に、渡辺美優紀(18)の入浴効果音「みるきーのちゃぷちゃぷ※歌ではありません」が収録されることが分かり、ネット上で話題となっている。

“みるきー”という愛称でおなじみの渡辺はこれまで、Google+などにおいて自身の入浴好きを様々にアピール。入浴することを「ちゃぷちゃぷ」と赤ちゃん用語を使って表現し、夜になると「ちゃぷちゃぷしてきまぁぁす」(原文ママ)、「早くちゃぷちゃぷして寝よ」などと投稿するのが恒例となっており、ファンの間では渡辺の入浴好きは広く認知されていた。

今回のシングルCD収録はこのようなファンサービスが話題になり生まれた企画と思われ、効果音は渡辺が実際に入浴して収録されている。新シングルのタイプA・B・Cすべてに異なるバージョンの音が収録され、渡辺の「気持ちいい~」といった入浴中の生声も入るとのこと。

このことが発表されると、ツイッターには、「正直wktkが止まらない! みるきー!」(原文ママ)、「これは頭いいだろ」といった喜ぶ声やその商法に感心する声が見られた。2ちゃんねるでは、地下アイドル板で「みるきーに関して秋元康が狂ったwwww」、ニュース速報板には「【マジキチ】 AKBメンバーが入浴する効果音をCDに収録して売り出す オタ『うおおおおお!』」とその驚きを含めたスレッドが複数登場した。

そこでは、

「イマジネーションの産物」
「実際(ちゃぷちゃぷしているの)はどっかのおっさんだろ」
「もう残り湯でも売れば」
「寝てるときの音声も収録したら売れそうだな(名案)」

など、呆れているような声もあがっている。

AKB48関連グループのCD購入特典や収録内容は、これまで多くの機会でネットユーザーたちの議論の対象となってきたが、今回もさらなる議論を巻き起こしそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト