ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ツイッターで「無断転載」議論活発

2012.08.09 THU

噂のネット事件簿


議論の詳細はまとめだけでなく、元ツイートを参照されたい
8月6日よりツイッター上で、ある個人のネットユーザーが制作・投稿したイラストなどの“作品”が、ネット上で「無断転載」されるという事態が頻繁に起きている現状に関して、その是非や対策の方法・必要性をめぐる議論が起き、盛り上がりを見せている。

発端は、5日夜に自らイラスト画像を無断転載された経験を持つユーザーが、その時に感じた思いを自作の絵で表して投稿したツイート。「無断転載している人考え直してください」と広くメッセージを発したものであったが、これに関連して“IdiotsBoy”というユーザーが自身の意見を投稿したことで展開を見せた。

IdiotsBoy氏の主張は、「無断転載を許したいのではなくて、今はまだ無断転載されることを解ってネット上に挙げたほうがいいという提案です」(原文ママ)というもの。これに対し、他のユーザーが猛反論する構図が続いた。そしてこのやり取りに参加し、IdiotsBoy氏に反論する立場で特に議論に熱くなっていた1人のユーザーが、ツイッターのまとめサイト・togetterでこのやり取りの一部始終のまとめを作成。これがネットユーザーたちの大きな反響を呼んだ。

8日14時現在、ツイッターでは約3000ものユーザーに記事共有され、およそ16万ビューを得ているこのまとめサイト「『無断転載はされて当然、そう思えないならネット上に絵を上げるな』」だが、そこに投稿されているコメントは、

「本当にその絵が好きで使いたいなら、絵師さんに連絡して一言お願いする手間くらい気にならないと思うんだけどな…」
「シンプルに【権利者がダメだと言ったら問答無用で従え】ってルールでいいやん」
「多少暴論とかはっきりしてないところもあるとはいえ、ニワトリさん(編集部注:IdiotsBoy氏のこと)そんな責められるべきじゃなくね?」
「まとめのタイトルが@IdiotsBoy氏の主張のまとめになってないのが残念」
「議論の内容には触れませんが、このまとめはフェアじゃないですね」

と、無断転載の問題点やその対策を考えるものから、今回の議論の経過やまとめについての意見まで、様々だ。

コメントや記事共有の数が伸び続けている中、このまとめに関してはIdiotsBoy氏自ら、まとめサイトにつけられたタイトルが自身の考えと異なると違和感を表明するなど、すでに「まとめ」がひとり歩き状態。IdiotsBoy氏に同意・共感するユーザーも少なくない。

togetterではさらに、「IdiotsBoy氏の主張は『無断転載はされて当然、そう思えないならネット上に絵を上げるな』なのか」「イラストの無断転載と正しい紹介の違い」という派生のまとめも作成されるなど、元の議論とは別の議論も行われており、状況が複雑化しているようだが、それだけ関心が高いということのあらわれでもあるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト