ネット界の“旬”なニュースをお届け!

野球留学 野球ファンの間で議論

2012.08.10 FRI

噂のネット事件簿


今夏の香川大会で優勝した香川西高校。ベンチ入りメンバーは全員が県外出身だという ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月8日、夏の甲子園が開幕し、47都道府県の代表たちが、全国3985校の頂点を目指して熱い戦いを繰り広げている。高校野球といえば、毎年必ず議論になるのが、県外からの生徒を集めた“野球留学”の是非。今年の出場校の中にも、野球留学の生徒が過半数を占める学校が多数含まれているが、野球ファンの中ではその是非についてある程度結論が出ている。

論壇サイトの『ブロゴス』は6日、「ナイン全員が県外出身者の甲子園出場校も…高校野球の『留学』についてどう思う?」という記事を掲載し、意見を募っている。そちらに寄せられた意見を見てみると、

「実力のある選手が強豪校に進学したがるのは至極当然」
「甲子園出場がプロへの近道である以上、出場が容易な地域への留学は避けようがない」

という“留学容認派”と、

「やはり、県外生徒の人数制限等の制約が必要ではないか」
「県外出身者ばかりなのに、県の代表というのは基本的におかしな話」

という“留学否定派”が登場し、議論は続いている。

一方、高校野球ファンが集う2ちゃんねる「高校野球板」や、同じく2ちゃんねるで、コアな野球ファンが集う「なんでも実況(ジュピター)板」(通称「なんJ」)などを見てみると、上記のブロゴスとは反応が異なっている。「高校野球板」には、少なくとも08年以前から存在している「野球留学の是非を考えるスレ」という、通算33スレッド目(=1スレッド1000件まで。書き込み数3万3000以上)の老舗スレッドが存在するが、そちらへの書き込みを見てみると、

「部活動は一般の観客を楽しませるためにあるんじゃない」
「地元で強豪が多い場合は他県で甲子園に出やすい学校を選択するのは仕方ない」
「他の運動部も越境入学してそこで活躍して推薦で大学行ってるよ」

と、「野球留学は問題なし」という意見が圧倒的に多く、「なんJ」に過去に登場した「高校野球で県外メンバーだらけなのどう思う?」「野球留学の賛成?反対?」というスレッドを見ても、

「県外人かなんて普通は気にしないから全然構わないよ」
「むしろ地元に『来てくれてる』とは考えられへんのやな」
「本人が決めることだから部外者がどうこう言うことじゃない」
「東大合格の多い開成とか灘とかもよそからの外様集団やで」

と、野球ファンのネット住民たちの間では、野球留学について「肯定する」という結論にほぼ導き出されている。

なお、「なんJ」の住民が、『週刊朝日』の甲子園増刊号をもとに作成した「甲子園出場校の県外人数ランキングできたで~」というスレッドによると、今夏の代表校には、県外の生徒が1人もいない高校が18校ある一方で、「選手全員が県外」という学校も2校(香川西、立正大淞南)あった。これらについては、野球留学する生徒の多くが大阪出身であることから、

「真面目な話大阪は枠を3つくらいに広げたほうがいいんじゃないすかね」
「大阪が1枠ってのがおかしいわ」

といった声が登場しており、こちらは野球留学に関する1つの現実的な解決方法といえそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト