ネット界の“旬”なニュースをお届け!

サッカー男子韓国戦 すでに話題に

2012.08.10 FRI

噂のネット事件簿


3位入賞し、笑顔で帰国する選手たちの姿を期待したい ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ロンドン五輪・サッカー男子が、8月10日深夜(日本時間)に日本と韓国が3位決定戦の対戦をすることに、並々ならぬ関心が集まっている。韓国側は「なんとしてでも勝つ」「勝てば兵役免除」などと意気軒昂だとメディアで報じられており、また日本でも永井謙佑(23歳)がツイッター上で「四年前の屈辱をはらすときが来ました!」「韓国だけには負けたくない!」と闘志をみなぎらせ、ネット上でも掲示板にスレッドが乱立し、異様な盛り上がりを見せている。

永井の言う「4年前の屈辱」とは、2008年にU-20W杯の出場権をかけた試合において、日本が0-3で韓国に敗北したことを指すものと思われる。これまでにも、韓国との試合はいつも、ヒートアップしてきた。また、日韓戦は他国との対戦に比べ、互いに当たりが強い印象がある。そのため、NAVERまとめには、

大久保嘉人選手:左ひざ内側側副靱帯損傷
岡崎慎司選手:右太腿打撲
香川真司選手:右足第5中足骨骨折
駒野友一選手:右上腕骨骨折

など、過去に韓国と対戦した選手らの“怪我歴”がまとめられており、試合中の競り合いによる負傷に心配を寄せる声も多い。

対戦相手が韓国とわかった直後、8日5時45分に2ちゃんねるの芸スポ速報+板にたてられたスレッド「【五輪/サッカー】ブラジルが韓国を3-0で下し決勝進出、日本の3位決定戦の相手は韓国に」は、10日0時までに5スレッド目(1スレッド1000件=5000件のコメント)に突入。

「無慈悲な攻撃くるで!」
「こうなったらもう、無事に怪我なく帰ってきてくれたらなにも文句言わない」
「韓国は体力温存してるし兵役免除かかってるし反日パワーあるし、勝てる気がしない…」

という弱気な意見もあるが、

「みんな不安な事を言ってみてるが かなり応援してる事は間違いない!」(原文ママ)
「一点取られたら3点取る気でやれ!」(原文ママ)

など、闘志をあらわにするコメントも多い。今回の五輪の試合は、SNSでも盛り上がっていたが、この日韓戦は特にネット上でのやりとりが活発になりそうである。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト