ネット界の“旬”なニュースをお届け!

漫画「二次利用OK」どう思う?

2012.08.23 THU

噂のネット事件簿


「漫画 on Web」では『ブラックジャックによろしく』全13巻を無料公開中 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
漫画『ブラックジャックによろしく』が、9月15日より“商用・非商用問わず二次利用自由”になると発表され、話題になっている。

作者の佐藤秀峰氏は、2010年よりサイト「漫画 on Web」のなかで同作品を全巻無料で公開するなど、従来の出版界にはない新たな取り組みを行ってきた。二次利用の自由化については、著作権の放棄はせず行使もしないというスタンスだ。佐藤氏はこれにより、情報を書籍という形に閉じ込めておく時代ではないこと、作品が多くの人に拡散されることで著者に利益が出る仕組みを考えることについて模索する姿勢を明らかにした。自身のツイッターで、

「アプリ化してデータを販売することも、アニメ化、映画化、テレビドラマ化を行ない商業作品として上映することも、関連グッズを制作して販売することも、同人で二次創作を行なうことも、あらゆる作品の二次利用をどなたにでも認めます」

と宣言した。

昨今、著作権をめぐる規制を促す動きは強い。そんななかでの試みに、多数のネットニュースが取り上げ、ツイッター上で話題は拡散。「すごい試み…一年後どうなってるかが楽しみ」「これは革新的すぐる」(原文ママ)というコメントがあふれた。

また、2ちゃんねる・ニュース速報+板の「【漫画】『ブラックジャックによろしく』が著作権フリーに 『事前連絡、報酬不要。あらゆる作品の二次利用OK』」というスレッドでも、

「著作権に五月蠅くなった社会だというのに
この人は凄いな」
「また思い切ったことを」
「まあ、何かやってみるのはいいことだな
さもすれば幼稚な業界にあって 貴重な実験だな」

と驚いた人の声が多数投稿されている。

具体的な二次利用方法についてはまだまだこれからだが、クレイジーワークス代表の村上福之氏が、ブログでこの試みを評価したうえで「EPUB3にして、勝手にkoboで売ってみようかと思ってます(笑)」と冗談ともつかないアイデアを披露していたり、2ちゃんねるでは「2ch職人がネーム入れ替えて楽しませてくれそう」という声もあるなど、自由な発想が出始めている。

「二次使用自由化と言ってるけど、こんな使い方はアリ?」といったユーザーからの質問には、9月15日のニコニコ生放送「漫画onWeb『月刊漫画ライブ』コミュニティ」でまとめて回答するとのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト