ネット界の“旬”なニュースをお届け!

初音ミクがCM撮影でNG連発?

2012.08.27 MON

噂のネット事件簿


撮影中に通行人が通ってしまったNG動画より。申し訳なさそうに少し頭を下げる初音ミクの姿が印象的だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月14日から、「初音ミク5th AnniversaryミクLOVESファミマ♪キャンペーン」として、人気ボーカロイド“初音ミク”とのコラボ企画を複数展開しているファミリーマート。同社は現在放映されているテレビCMにも初音ミクを出演させているが、このCM撮影における「あるはずのない」初音ミクのNG集がYouTubeなどで公開され、話題になっている。

初音ミクは、人工的に作られたバーチャルキャラクター。その言動は人間によって思い通りに作成することができるので、撮影において動きを「間違える」ようなことはありえず、あったとしても修正が利くはずだ。

これは、CM制作陣が視聴者に対してユーモアを提供する狙いで作ったものと思われる。初音ミクの声が裏返ってしまったもの、撮影中にカラスが鳴いてしまったもの、通行人がカメラの前を通ってしまったもの、という3バージョンのNG集が用意されている。このような「バーチャルキャラクターによるNG集」という企画は、ディズニー・ピクサー製作のアニメーション映画『モンスターズ・インク』や『トイ・ストーリー2』などで前例が見られる。

このNG集に関し、YouTubeのコメント欄には、

「ミク好きだけど、これわざと過ぎて引いたわぁー(´Д`)」
「なんかこう、デジタルだからミスはないはずなのに
あえてNG作ってくるスタッフがマジあざといです」(原文ママ)

という批判する声から、

「かわいすぎるだろ…」
「ミクさんマジ天使!」
「恥ずかしがっているミクも最高だ」
「あらかわいい ちょっとファミマ行ってくるわ」

などと称賛する投稿まで、様々だ。

ネットユーザーの評価は賛否で分かれている状況だが、YouTubeでの再生回数は上記で紹介した順番に44万回以上、36万回以上、10万回以上となっており、30秒バージョンのCM本編動画の約8万5000回の再生回数よりもすべて上回っている。コメント数もNG集の方が本編より多く集めていることから、評価はどうあれ、ネットユーザーたちの注目を大いに集めていることは間違いないようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト