ネット界の“旬”なニュースをお届け!

福岡市の篠田人選に「HKTは?」

2012.08.31 FRI

噂のネット事件簿


「カワイイ区」の特設ページ。8月30日の登録者数 15000人で“区民”は5000人を突破 したという(14時30分現在) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
福岡市が8月29日、アイドルグループAKB48のメンバーで福岡県出身の篠田麻里子(26歳)を区長として、仮想の8番目の行政区「カワイイ区」を新設したことが話題になっている。

これは福岡市が、女性を“カワイく”する要素が多く詰まっていることが福岡の魅力だと捉えた上で、「カワイイ女性」をテーマに街の魅力をPRするために立ち上げたもの。福岡市のホームページ上には「カワイイ区」という特設ページが作られており、仮想の区であることから福岡市在住者以外でも公式サイト上で“区民”登録ができるようになっている。

フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディアにおいても今後情報を発信していくとしているこの「カワイイ区」だが、ネットユーザーたちはどのような反応を見せているのだろうか。

2ちゃんねるのニュース速報+板に立てられたスレッド「【社会】福岡市、AKB48篠田麻里子さんを『カワイイ区』の区長に起用」には、篠田さんの起用に疑問を持つ声が多数挙がっている。その声は、

「博多から選んでやればいいのに」
「HKT48『解せぬ…』」
「HKT48から選んでやれよ」
「HKTガン無視ワロタ」

などといったもの。確かに篠田さんは普段から福岡への地元愛をテレビなどでアピールしているものの、福岡・博多を拠点として活動するHKT48というグループがありながら、なぜそこから選ばなかったのかという疑問の声だ。

篠田自身は、先日HKT48に移籍した指原莉乃(19歳)に対して「“ちょい副区長”ぐらいの立ち位置で一緒に頑張ってもらいたいと思います」といったラブコールを送っており、HKT48のこともしっかり意識しているよう。しかし、ネットユーザーたちは、今回の一件で同グループへの同情の念を隠しきれないようだった。

今回篠田は仮想区とはいえ“区長”となり、活動の幅を広げた。そして、先日のAKB48の東京ドーム公演を観たジャーナリストの田原総一朗氏が「野田総理よりも高橋みなみの方がリーダーの資質がある」とテレビ番組で話し、この発言もネット上で話題になった。

“区長”や“総理”といった言葉が出るようになったAKB48。いつの日か選抜総選挙ではなく、本当の選挙にもメンバーが出馬する日が来る!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト