ネット界の“旬”なニュースをお届け!

タブレット専門コロコロ登場

2012.09.04 TUE

噂のネット事件簿


拭き取るのではなく吸着するため、ほこりが“寄って”しまうこともない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
タブレット型端末はだいぶ普及してきたが、ユーザーの悩みは、タッチパネルのため画面が汚れること。指で触るのだから当然だが、ウェットティッシュなどで拭いても筋がついて、PC用のスクリーン拭きでは皮脂汚れが完全に取れないといった経験をもつ人もいるのでは?

ネットユーザーたちは、液晶ディスプレイが登場したころから、その画面の掃除方法を議論しあってきた。2006年までさかのぼると、「ライフハック弐式」に「液晶ディスプレイのお掃除グッズ」がまとめられている。そこでは

「ウインドウォッシャー液の一番安いやつ。 あれを2倍に希釈して、100均のスプレーボトルに詰める。(中略)それを液晶に直接ガンガン吹き付けて、東レのトレシーかメガネ拭き、またはピアノクロス、ギタークロスでやさしく拭く」

「埃は拭き取るんじゃ無くて、専用ブラシ等で払うのが正解
その後、クリーニング液等でこびり付いた汚れを拭き取る
仕上げに真水を染み込ませたクロスで残った洗剤を拭き取り終了
間違っても乾燥したクロス使ったり、ティッシュなんて使わない様に」

「デジカメのレンズ拭き用のセーム革クロスがお勧め」

などのアイデアが寄せられている。これだけでも参考になりそうだが、最近ではタブレットの登場とともにお掃除方法も進化。キングジムが、ニトムズと共同でタブレット端末専用タッチパネルクリーナー「iコロコロ」を開発、9月28日より発売することを発表したのだ。

これは、カーペットの床掃除などでおなじみの、両面テープでほこりを吸着する掃除アイテム「コロコロ」のタブレット専用版。幅約10cmほどのミニサイズながら、タブレット端末のタッチパネルに付着した皮脂汚れを取り除くことができる。ツイッター上では、「欲しいw」「これいいなあ」「これは見つけたら買うぞ」と、“ナイスアイデア”という声がみられる。今月末の発売後は、使用したという声が共有されそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト