ネット界の“旬”なニュースをお届け!

海外から安否を心配された指原莉乃

2012.09.12 WED

噂のネット事件簿


日本テレビ公式サイト内の『密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!』番組ページより。映像内で指原は、この3つの台に乗り遅れてしまった ※この画像はサイトのスクリーンショットです
バラエティ番組『宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!』の前身番組である、『密室謎解きバラエティー 脱出ゲームDERO!』(日本テレビ系)の映像が、海外で話題になっている。

この番組は、2010年4月から2011年3月までレギュラー放送されたクイズ・ゲームバラエティ番組。2012年の2月にYouTubeに公開された映像は、150万回以上再生されている(9月11日時点)。

番組内で使われていた「棒の間」というステージは、出題されるクイズに失敗したり、用意された仕掛けに乗り遅れたりすると、プレイヤーがCGで演出された“奈落の底”に落ちてしまうもの。番組に出演したHKT48の指原莉乃(当時所属はAKB48)が、ゲーム開始と同時に仕掛けに乗り遅れ、“奈落の底”に落ちていく映像がアップされると、YouTubeのコメント欄には海外のユーザーから、

「彼女は本当に死んだ?オーマイゴッド」(ペルー)
「これはなんて恐ろしいゲームなんだ」(アメリカ)
「これは『ソウ』を思い起こさせる。彼女が無事だといいけど」(カナダ)
「日本だけで公開される『ソウ8』だ」(ブルネイ)
(注:すべて編集部訳)

など、世界中から衝撃を伝えるコメントが投稿され、その総数は1800件以上となっている(9月11日時点)。ちなみに映画『SAW』は、猟奇殺人鬼ジグソウによって密室に閉じ込められた2人の男性が強要されたゲームを行い展開するストーリー。究極の選択と苦悩を描いたスリラー映画で、『~DERO!』を見ていたユーザーは、セットや設定からこの映画を想起したようだ。

このような海外の反応は、2ちゃんねるのニュース速報板「海外『これ死ぬだろ・・・』 日本のバラエティ番組が恐ろしすぎると話題に」というスレッドで紹介された。同スレッド内では、海外との“センス”の違いに異論を唱えるように、「Wipeoutの方がヤバイだろ」という書き込みも登場。

『Wipeout』とは、アメリカで放送されている一般人参加の過酷なアドベンチャーゲーム番組で、ゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」の世界を具現化したような巨大アスレチックに体当たりで挑戦するというもの。映像では一定のリズムで動くドアや棒、大玉などがチャレンジャーの顔、体に容赦なくぶつかり、その反動で泥水へ勢いよくはじき飛ばされる人のようすが映し出されている。掲示板に貼られたリンクから、同番組の映像を見た日本のネットユーザーたちは

「素で死ねるわこれ」(原文ママ)
「仕掛けのレベルがおかしいだろwww」
「実写版マリオか? 難度高すぎ」
「クリアどころか生きて返す気すらなさそうな設計だなw」(原文ママ)

と、あまりのハードさに驚きを隠せない様子だった。

日米のバラエティ番組が、互いにネット上で話題となった今回の一件。自国では当たり前に見ている演出や番組内容も、他国では驚きとなりえるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト