ネット界の“旬”なニュースをお届け!

取水制限開始に「電気の次は水か」

2012.09.13 THU

噂のネット事件簿


貯水率が6%まで下がってしまった矢木沢ダム。ちなみに多摩川水系のダムの貯水率は平年並みなため、神奈川県は取水制限とは関係なし(9月12日時点) ※この画像はサイトのスクリーンショットです
利根川水系のダムで軒並み貯水率が下がり、9月11日には利根川流域1都5県で11年ぶりとなる10%の取水制限が始まった。こうなるとにわかに気になるのがダムの貯水率。

都民に水を供給している東京都水道局のHPでは、9月12日17時現在「アクセスの多いページ」として「今日の貯水量」コーナーが紹介されている。同コーナーで利根川水系のダムを見てみると、やはり目を引くのは利根川水系最大のダム・矢木沢ダムの「貯水率6%」という数字。同コーナーでは現在の貯水量、貯水率、前日からの増減、さらに多摩川水系、荒川水系のダムの数値もチェックできるようになっており、最新状況が一目で確認できる。

また、国土交通省関東地方整備局のHPには、「災害情報」として「平成24年利根川水系の渇水情報」が掲載されている。これによると、利根川上流域の降水量は7月までほぼ平年並みだったものの、8月は平年比41%に激減。9月10日0時時点の利根川水系8ダムの貯水率は39%(平年比52%)と、なかなか厳しい状況だ。

取水制限開始のニュースはツイッター上でもホットな話題となり、

「いい天気だったから洗濯祭りしたかったけど、取水制限してるらしいので控えた」
「なんどもゲリラ豪雨にやられたけどダムが渇水で取水制限か。うまくいかないもんだな」
「秋雨前線に頑張ってもらって、日本らしい、しとしとした雨が降って欲しいですね」

等々、11日のピーク時には1時間あたり300~400人が「取水制限」という単語を含むツイートを発信した。それだけ関心の高い取水制限だが、気象庁が9月7日に発表した9月8日から10月7日までの長期予報を見てみると、「期間のはじめは少雨の状態が続く見込み」だが、その後は「平年と同様に曇りや雨の日が多い見込み」とのこと。長期予報通りならこの先は改善が期待できそうだが、ツイッター上には「電力は乗りきったけど次は節水」といったツイートも多く登場している。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト