ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネット住民「漢字」の勝手な新解釈

2012.09.14 FRI

噂のネット事件簿


珍解釈・名解釈が続々登場 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11日、2ちゃんねるの「ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる」板に「歩くという字は、『少し、止まる』と書く みたいなの下さい」というスレッドが立った。これは、漢字を分解して、意味を自分なりに解釈したものを投稿してほしいというもの。不思議と格言めいたもっともらしい解釈がつけられた漢字が次々と上げられた。

たとえば、

「信者と書いて儲けます」
「人の夢は儚い」
「食べるという字は人が良くなると書くっておばあちゃんが言ってた」
「人の為になると書いて偽」

など。

このスレッドがまとめサイト、『VIPPERな俺』でまとめられ、そこでもネット住民が自分の漢字ネタを披露した。

「辛いは、幸せの途中って学校の先生に習ったな」
「『よ!エロすん』と尋ねる」

これらに対して、「こーゆーのがあると、漢字が覚えやすい」などの反応が。さらに、同じ漢字に別の解釈をつける人も登場し、「尋」については、「俺は『よぉ!えろうすんまへんなぁ』と習った」という人や、「恋愛において 愛は真心 恋は下心」「己の心は忌わしい」といった新解釈も登場。本来の成り立ちとは違った漢字でも、妙に納得できる解釈ができあがっているのが興味深い。

さらに、これらのやりとりはツイッターでも紹介され、拡散。「深いわ~wwww」という感想があげられるなど、身近な漢字ネタで盛り上がっていた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト