ネット界の“旬”なニュースをお届け!

漫画風な写真が撮れるアプリが人気

2012.09.19 WED

噂のネット事件簿


記者が『漫画カメラ』を使って撮影した渋谷・ハチ公の画像。用意されているフレームは、「ズキュウ」「ギュンッギュンッ」などといった独特の擬音を用いたものが多く、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』にインスパイアされていることが読み取れる
撮影した写真を漫画のような画像に加工できる iPhone 用のカメラアプリ『漫画カメラ』が、9月12日のリリースから2日で「App Store無料アプリランキング」の総合1位を獲得するなど、話題になっている。

同アプリは、スーパーソフトウエア東京オフィスが提供する無料アプリ。起動すると、『新世紀ヱヴァンゲリヲン』のタイトルのような字体で「漫画カメラ、起動 第壱版」と表示され、その後すぐに撮影画面に移行する。そのまま人物や風景などの写真を撮影するだけで、30種類以上あるフレームの中からユーザーが選んだものに従って、漫画のワンシーンのような画像に自動的に加工してくれる機能が搭載されている。

12日にリリースされたこの『漫画カメラ』は、SNSサイトなどを通してすぐに広く拡散された。ツイッターでは同アプリを使用して撮った写真を投稿する人が続出し、リリースから2日間で「漫画カメラ」とつぶやかれた回数は2万5000回以上にのぼった。

また、2ちゃんねるにおいても、ニュー速VIP板で「iPhoneの漫画カメラアプリが面白いと俺の中で話題に」や「漫画カメラってアプリで撮った弟がかっこよすぎwww」といったスレッドが作成され、そこではユーザーから“扇風機”や“部屋”、“弟”など、様々なものを同アプリで撮影した写真が上げられ、各種まとめサイトにて取り上げられた。

アプリについてツイッターでは、

「漫画カメラ楽しすぎる」
「周囲で漫画カメラが爆発的ブームになってる」
「漫画カメラ、こりゃはまるわ」
「『漫画カメラ』というiPhoneアプリが凄まじいクオリティーな件」

と称賛の声が並んでいるが、なかには「う~ん、iPhoneのアプリかー。携帯、iPhoneじゃないしなー。うらやましい~」「漫画カメラで遊びたいのにiPhoneじゃないから遊べない」といったように、iPhoneを持っていないことから同アプリで楽しむことができず、iPhoneユーザーたちがはしゃいでいる様子を客観的に見るユーザーの書き込みも散見される状況だ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト