ネット界の“旬”なニュースをお届け!

小久保引退で「空気読めSB打線」

2012.10.11 THU

噂のネット事件簿


福岡ソフトバンクホークス公式サイトでは、小久保選手の引退セレモニーの様子がレポートされている。王貞治球団会長や、シアトル・マリナーズの川崎宗則選手らも駆けつけた ※この画像はサイトのスクリーンショットです
10月8日、福岡ヤフードームで行われたソフトバンク対オリックス戦で、オリックスの西勇輝投手が史上76人目のノーヒットノーランを達成し、0対3でオリックスが勝利した。オリックスファンにしてみればうれしい快挙だが、この試合は今季限りで引退するソフトバンクの小久保裕紀選手の最後の試合、つまり引退試合だった。そんな状況に西投手も「引退試合なので、どう喜んでいいのか」とコメントしている。

西投手としては、なんとも複雑なノーヒットノーランになってしまったが、ネット住民たちからは「そんなことは気にするな」という声が届いている。2ちゃんねるに立てられた「【野球】ノーヒットノーランを達成したオリックス・西勇輝投手『(小久保の)引退試合なので、どう喜んでいいのか』」というスレッドを見ると、

「満面の笑みで喜んだらエエがな」
「西が悪いわけではない」
「ガチこそ最高の花束」
「素直に喜べよ
ノーノーなら引退試合ノーヒットでも納得だよ」(原文ママ)

と、ノーヒットノーランの快挙を素直に喜ぶべきだという意見が多かった。

また、「小久保の引退試合なのだから、花を持たせるべきだ」という意見も多少はあったが、むしろ標的にされていたのはヒットを打てなかったソフトバンク打線のほう。同スレッドでは、

「打てなかった鷹が悪い」
「空気読めてないのはSB打線の方だなぁ」
「ソフバンがだらしないだけ。素直に喜んだらいい。よくやったよ」

と、小久保選手に花を持たせることができなかったソフトバンク打線を責める意見が多数寄せられていた。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト