ネット界の“旬”なニュースをお届け!

iPad+誌面の広告が話題に

2012.10.26 FRI

噂のネット事件簿


約1分半の動画で、最初は何の変哲もない誌面が次々と変化する ※この画像はサイトのスクリーンショットです
米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」上で10月15日から展開されているレクサスESのインタラクティブ広告が話題になっている。

10月9日にビジネスニュースサイト「Mashable Business」の記者が「Is This The World’s Most Interactive Print Ad?(これが世界で最もインタラクティブな紙広告なのか?※編集部訳、以下同)」と題した記事とともに、レクサスESの広告動画をYouTubeにアップした。その動画は、アナログとデジタルが融合したもので、スポーツ専門誌に掲載されたレクサスESの広告ページを使ったものだ。iPadで展開されているレクサスESの広告動画を再生しながらiPadを誌面の下にはさむと、広告誌面のレクサスESの車体が光ったり、誌面の車が走っているように見えるのだ。

YouTubeで動画を見たユーザーの反響は大きく、12万回以上再生されている(10月25日18時時点)。そして、

「マジ、クリエイティブ、おもしれー」
「かっこいーー」
「今まで見た中でいちばんハイブリッドな広告かもしれない」
「観賞せずにはいられないよ。本当にかっこいい!」

など、驚きや称賛のコメントが書き込まれた。

日本でもブログ「IDEA* IDEA」で「iPadを使った新感覚の雑誌広告がすごい」というタイトルの記事が投稿され「この発想はなかった。あえて紙面。あえてiPad。うまいな」(原文ママ)と動画を紹介している。その記事をツイートした人からも、

「オモシローイ。こういう発想(・∀・)イイネ!!」
「この発想は無かったわ。薄手の雑誌だからこそ出来るワザだ。うまいね! CinePrintっていう名前も良いな〜」

など、好評だった。今後も、このような面白いコラボレーションが出てくるのを期待するユーザーは多いだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト