ネット界の“旬”なニュースをお届け!

大分の人気新聞コーナーサイト開設

2012.11.01 THU

噂のネット事件簿


どんな珍事件が紹介されるのか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月1日から、大分合同新聞が、夕刊社会面で連載している「ミニ事件簿」の特設ウェブサイト「ミニ事件簿ワンダーランド」を新設する。

1978年からスタートした「ミニ事件簿」は、大分合同新聞の若手記者により、地域で起こったほのぼのさ全開の“事件”がイラストとともに紹介されるコーナー。とりわけ「猫の声、マンホールから?」といった猫ネタは猫好きのネットユーザーに大人気。猫が登場しないニュースの日には、いつしかネットユーザーの間で、「そこに猫を書き加える」というコラージュがおこなわれるようになっているほどだ。

例えば、「まるで女の子、かかしにビックリ!?」という記事では、山の中の野菜の直販所に、女の子が一人でたたずんでいると思い、近づいたらかかしだったという内容だったが、ネットユーザーらはそのイラストに、「パトカーの上に猫」「女の子の顔が猫」「直販所に並んだ商品がすべて猫」など、思い思いの場所に猫を描き加え、批評しあっては和んでいた。

今回新設される「ミニ事件簿ワンダーランド」では、より娯楽性を高め、大きく3つの部屋を設けたとのこと。ひとつは読者が身の周囲で起きた珍事を書いて送る「投稿!ミニ事件簿グランプリ」。2つめは、連載が始まった34年前までさかのぼり、3万本を超える過去記事の中から厳選したネタを載せる「ミニ事件簿クラシック」。3つめは現在連載中の記事を見ることができる「ミニ事件簿オンタイム」。

ツイッター上では新設のニュースを聞いて、ツイッターでは、「ミニ事件簿さん大出世」「わ~すごい楽しみ」「『あの』ミニ事件簿の特設サイトが!」「大分名物のねこがくる~」など、楽しみにするファンが期待の声を投稿している。今後はFacebookなどのSNSとも連動するということで、ネット上のファンがますます広がりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト