ネット界の“旬”なニュースをお届け!

IT業界あるあるガンダムの台詞に

2012.11.05 MON

噂のネット事件簿


『togetter』のまとめでは、IT業界のみでなく、「パソコンあるある」ともとれる内容までまとめられている。あなたはいくつ共感できる!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
今も昔もネット上に熱烈なファンがいるアニメシリーズといえば、『ガンダム』だ。多くのネットユーザーは劇中に出てくる台詞まで熟知しており、掲示板サイトなどではそれらセリフをアレンジした書き込みが頻繁に見受けられる。そして最近ツイッターでは、IT業界で働いている人がよく直面する“あるある”ネタを『ガンダム』に出てくる名台詞にアレンジして投稿する“遊び”が流行中だ。

この遊びは、10月30日に「#IT業界をガンダムで」というハッシュタグが登場したことがきっかけ。投稿されたツイートは、ツイッターのまとめサイト「togetter」において「IT戦士達の悲痛な叫びがTwitterで共鳴した日 #IT業界をガンダムで ツイートまとめ」というタイトルでまとめられ、約4万7000回 の閲覧数(11月2日0時現在)を獲得する人気まとめとなっている。

そのバリエーションはかなり豊富になっており、例えば特に有名なアムロ・レイの台詞「こいつ…動くぞ…」は、

「こいつ…(なんか確実におかしいんだけど多分エラーにエラーが重なって、なんやかんや、かんやかんやで…)動くぞ…!」
「こいつ(何でだが分かんないけど)動くぞ」

と、かっこ付きで心の動きを解説しつつ、プログラムが動く様子とかけた台詞が複数投稿されている。

そのほかにもアレンジされた台詞は多数あり、

「悲しいけどこれ仕様なのよね」
「動け!プログラム!なぜ動かん!」
「人間だけが(仕様書という)神を持つ」
「あえて言おう、バグであると」
「それでも守りたい納期があるんだあああ!!! 」
「仕様変更したね!2度も仕様変更した!」
「認めたくないものだな、IE6で有るが故の過ちを…」
「我々プログラマは、ただバグを潰すためだけにあるのではない。よいか、くり出すコードの一つ一つを研ぎすませるの」

など、書かれている内容はIT業界で働くうえでの大変さを表したものが多い。ただ、投稿したユーザーたちが台詞のアレンジを楽しんでいることは伝わってくるだろう。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト